『コラムニスト』気取りで何が悪い|あなたの宣伝部長!集客コンサルタント&セールスコピーライター|アニータ江口のブログ

集客コンサル&セールスコピーライター&ディレクター|『コラムニスト』気取りで何が悪い|アニータ江口のブログ@あなたの宣伝部長!

広告制作して公開1ヶ月で5395万円受注したり、企業webページをリニューアルして反応率45.5倍にしている人。内容:売上&集客UP・広告制作&宣伝の豆知識/購買意欲を高める行動心理学/文章の書き方/伝え方・見せ方/趣味嗜好/愚者の処世術

『本日のクソリプ大賞』受賞者には、アクセス増加や拡散の貢献に心から感謝を申し上げ、レジェンドには本物の糞をプレゼントしよう!

f:id:aiegc:20170723234228p:plain

全文を読まずに重箱の隅をつついて
攻撃してくる人は、

日本語が不自由で
想像力と読解力が欠如しており、

偏った見方しかできない
八つ当たり気質の人なので、

アクセス増加や拡散の貢献に
心から感謝を申し上げ、

心の中で『本日のクソリプ大賞』をお贈りし、
盛大に祀り上げて葬って差し上げると
清々するからオススメ。



なお、幾度も幾度も
『本日のクソリプ大賞』を受賞し、
クソリプ界のレジェンド』とも言える
立ち位置で殿堂入りされた方には、

広告料を支払っていないにもかかわらず
無償でアクセス増加や拡散に
多大なる
貢献をしてくださっているために
気持ちだけでは申し訳ないと思う方は、
下記の方法はいかがだろうか。

※下記、あまりリアルではないが、
 動物の糞が載っているため閲覧注意。 

ja.shitexpress.com


どうやら$16.95 などを払えば、
100%匿名で動物の糞を相手に
プレゼントできるサービスだという。

「糞入りの箱を誰かに
送り付けるシンプルな方法」
とページにも書いてあるが、
冗談ではなく、実在するサービスだ。

cryptocurrencymagazine.com

なお、ビットコインでも送れる。

「本日のクソリプ大賞」の景品には
本物の糞がぴったりだ。

「いざとなったらこれがある」
そう思えばどうでもよくなる。

餅は餅屋というように
糞は糞屋で解決すれば良い。

なお、当方は一切の責任は負わないが
もし試した方がいればご一報いただきたい。


「ネーミング・コピー」部門ブログ

ランキングでおかげ様で1位継続中!
ポチッとしていただけたら嬉しいです。
    ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 経営ブログ ネーミング・コピーライティングへ 

 

ブログで指定した画像がFacebookのサムネイル画像に表示されない方へ

Facebookにブログをアップしたら
 なぜか指定した画像が出ない・・・」

「すでにFacebookにブログを
 アップしちゃったけど、
 新しくブログの画像を変更したから
 Facebookのタイムライン上でも
 表示されているサムネイル画像を

 変えたいんだけどできないかな?」

そんな経験はないだろうか?
私はある。そして先ほどもあった。

f:id:aiegc:20170723221247p:plain


※ちなみにここでいう
 変えたい部分の画像は、
 上記の『宣伝部長』という画像。
 この部分の画像を『サムネイル画像』と呼ぶ。

Facebookにアップ後に
ブログに画像を挿入することもあるのだが
ブログに新しく画像を挿入しようとも
Facebookの表示画像は自動的には変わらないのだ。

久々に変えようとしたら
すっかり方法を忘れていたために
自分の備忘録の為にも
書いていきたいと思う。

ちなみに、
スムーズに解決できるケースと
遠回りだが解決できるケースがある。

そのため、

ブログで指定した画像が
Facebookのサムネイル画像に
表示されずお困りの
方へ


【A】スムーズに解決できるケース

B】遠回りだが解決できるケース

の2つの解決方法をお伝えする。


*****


【A】スムーズに解決できるケース

(1)

f:id:aiegc:20170723221716p:plain


画像設定を変えたら
まず、Facebook上で
右上の下矢印をクリックし、
『シェアした添付ファイルを更新』を
押してみよう。


(2)

f:id:aiegc:20170723222428p:plain

『シェアした添付ファイルを更新』
を押すと上記のような画面が出てくる。
なので、保存を押そう。


(3)

f:id:aiegc:20170723222406p:plain


すると、上記のように変更できる。


大概はこれで解決する。
これで変わらないのであれば次の方法で。


*****


B】遠回りだが解決できるケース

※まず【A】スムーズに解決できるケース
の方法を試していただきたい。

『シェアした添付ファイルを更新』を
押しても画像が変わらないのであれば、
下記の方法を試してみると解決するはずだ。


(1)

f:id:aiegc:20170723221909p:plain


まず、はてなブログを利用している人は
ブログの設定で正しく設定できているか
編集画面から確認してみよう。

編集画面の右側の歯車から
アイキャッチ画像が選べる。

水色の枠で囲っている部分が
本来Facebookのサムネイル画像で
表示されるはずの画像だ。

ここで表示させたい画像を
誤っていれば選択し直そう。
そして【A】スムーズに解決できるケース
を再度お試しいただきたい。

それでもダメか、
もしくは表示させたい画像を
正しく選んでいるのであれば次へ。


(2)

f:id:aiegc:20170723223622p:plain

画像を変えたいブログ記事を
表示させてURLをコピーしよう。
トップページではなく、
あくまで変えたい記事のURLと
いうことにご注意を。


(3)

f:id:aiegc:20170723223814p:plain

developers.facebook.com

上記のサイトに入ると、
シェアデバッカーと書いてある下に
スペースがある。

そこに先ほどコピーした
画像を変えたいブログ記事の
URLをペーストし、
デバッグ』をクリックしよう。


(4)

f:id:aiegc:20170723224115p:plain


すると、本来表示させたい画像
(この場合は旅歌ダイアリーのDVD画像)が
表示されるはずだ。

もし表示されなかったら、
時間差の関係もあるので、
もう一度スクレイピング
押すと表示される。


(5)
そうしたら
【A】スムーズに解決できるケース

で説明した方法を試していただきたいのだが、

f:id:aiegc:20170723224326p:plain


画像設定を変えたら

まず、Facebook上で
右上の下矢印をクリックし、
『シェアした添付ファイルを更新』を
押してみよう。


(6)

f:id:aiegc:20170723222428p:plain

『シェアした添付ファイルを更新』
を押すと上記のような画面が出てくる。
なので、保存を押そう。


(7)

f:id:aiegc:20170723222406p:plain


すると、上記のように変更できる。


*****


このように

【A】スムーズに解決できるケース
B】遠回りだが解決できるケース

の2つの解決方法があるが、
どちらかを行えば解決できる。

ちなみに私は専門家ではないので
はてなブログ上での設定は正しいのに
【A】スムーズに解決できるケース
で解決できないケースがなぜあるのかは
私にはわからない。

ただしB】遠回りだが解決できるケース
で解決できるので気にしないでいる。

もし、困っている方がいれば
ぜひお試しいただきたい。


*****


ちなみにここで
例としてあげていた記事は下記。

aiegc.hatenablog.com

 一部には大人気だったのだが
何も役には立たない記事なので
ご興味がある方のみどうぞ。


「ネーミング・コピー」部門ブログ

ランキングでおかげ様で1位継続中!
ポチッとしていただけたら嬉しいです。
    ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 経営ブログ ネーミング・コピーライティングへ 

感想がほぼなくても簡単に書ける!異端的な『読書感想文』3つの書き方

f:id:aiegc:20170722220839j:plain


小学生から高校生は夏休みが始まり、
世のお父様お母様はさらに忙しく
なってきているように思われる。

そして最近、facebookなどで
見かけるのが、子どもの夏休みの宿題、
『読書感想文』問題だ。

小学生や中学生、学校によるが
高校生にでもあるこの宿題。
頭を悩ますお子さんや
親御さんも多いことだろう。

そこで、今回、
感想がほぼなくても
簡単に書ける!
異端的な『読書感想文』
3つの書き方

をお伝えしようと思う。

読書鑑賞文に手を焼いている
学生さんや親御さんには
ぜひご覧いただきたい。


*****


それではまず、
前置きから
書いていこうと思う。

先に言っておくが、
この書き方は王道ではない。

だが、王道の書き方を
教えられたところで
書けない人は書けない。

これは子どもに限らない。
大人もだ。

特に物語に対して感想を書けと
言われた時は尚更だ。

読書感想文を
なかなか書けない人は、

文章を書くことや
国語が苦手なのではない。

強いて言えば、
学校が求めている
道徳が苦手だとも言えよう。

読書感想文の宿題でおかしいのは
感想文と言っておきながら
自由に書いたら白い目で見られ
こういう風に書いたら正解と
うっすら匂わしている学校の方針だ。

『ごんぎつね』を読んで
「自業自得だ」と書くと
親が呼び出されるような
全く理不尽な世の中だ。

子どもながらにも
求められているものを感じ取り
書かざるを得ないと感じている
子ども少なからずいると思う。

また、こう書けば成績が良くなり、
お父さんやお母さんや先生に
褒めてもらえると感じ、
本当は全くそんな感想はないのに
苦しみながら書いている子もいると思う。

だから、
理想的な読書感想文を
書けないからと言って
叱らないでいただきたい。
また、学生さんは自分自身を
責めないでいただきたい。

それにそもそも、
学校指定の
読書感想文用の
本のチョイスが悪い
可能性がある。

その本自体は良い本でも、
感想文に適さないものがある。
また人によって書きやすい
書きにくいものがある。

それに、「だから何?」と
思うものもあるし、
「なんか面白かった」で
終わってしまうものもある。

その「なんか面白かった」を
掘り下げるのが
王道の書き方ではあるのだが
それができれば苦労しない。

それに本当に面白ければ、
もしくは、救いようもなく
つまらなければ、何かしら
書けるかもしれないが、

大して面白くも
つまらなくもない
微妙な本に
対して
「感想を書け」と
言われたら、

大人だって
困惑するだろう。


感動や元気や同情の押し売りや
「可哀想でした」と書けと
言っているかのような本を
指定された場合は、
本当はそうは思わなくても
「はいはい、こういうこと
 書けば正解なんでしょ?」
と割り切って書ける子も
いるかもしれない。

しかし、割り切れない子も
意図を理解できない子も
いるだろうし、そもそも
押し付けること自体が
感想文ではない。

それに、低学年の子に
読後の感想を聞いてみて
「疲れた」だとしたら
本当に「疲れた」だけで、
それ以外ない可能性もある。

大人が望んだ感想が
出てくると思ったら
大間違いだ。

読書後の感想が
「疲れた」以外に
何もなければ、
他の感想を引き出し
ようもないし、
後付けで感想を
作るしかない。


本当に感想文なのだとしたら
「文字が多くて疲れました」
だとしても間違っていないはずだ。

とはいえ、
宿題なのだから

それなりのことを
書くしかない。


読書が苦手でなければ
指定図書を全て読み、
書きやすいものに取り掛かるのが
ベストかと思うが、

読書が苦手なら、先にジャンルだけ
把握して選ぶのが手だ。
目次があればパパッと読みのも良い。

私は高校時代の読書感想文で
『こころ』か『もの食う人々』の
どちらかを選ばされたのだが、
自分は恋愛小説で感想を書けっこないと
判断して、ノンフィクションの評論文
『もの食う人々』を選んだ。

好きで書きたい本を
選ぶのも良いことだが、

宿題を早く終わらせて
苦しみたくない場合、

自分が書きやすい方を
選ぶのも手だ。


とても好きな本で感想を書きたいけど
なかなか書きづらい本の場合は、
わざわざ学校の感想文のために
書かなくても良い。

書いてみて発表したくなったら
中高生ならばアマゾンのレビューだとか
SNSやらブログにでも書き込めば良い。
小学生ならば親御さんに
それらに掲載してもらえば良い。

また、作者宛に送れば
喜んでもらえることだろう。

それにいくら好きな本であっても
感想を言い表せないものもある。
わざわざ書かずとも心の中に
しまっておいても良いと思う。


*****


それに、
自分で好んで読んだ本の感想文は
書きたいと思った時に
自分のペースで自由に書ける。

だが、夏休みの宿題の
読書感想文は、
その夏休みの間だけで
決められた本についてしか
書いてはいけないのだ。

それに、何枚以上書けだとか
指定されたからには
そこを埋めなければ
ならないのである。

前置きは大変長くなったが、
今回は、理不尽な思いをしながら
書くしかならない子どもたちや、
そんなお子さんに手を焼いている
親御さんを応援すべく、
異端的な書き方をお伝えしよう。


*****


やっと
本題に入るが・・・

感想がほぼなくても
簡単に書ける!
異端的な『読書感想文』
3つの書き方

を大きく分けて
3つ書いていく。

特に書きづらい『物語』を
テーマに出された際に
使える書き方なので、
困っているお子さんや
親御さんにはオススメだ。


まず1つめ。
(1)登場人物宛に手紙を書く

主人公だとか気になる登場人物宛に
手紙を書いていく。

これならばこれといった
感想がなくても書ける。
ほぼ想像の世界だ。

それに
文章を書きなれて
いない子どもでも、

手紙ならば書きやすい。

『です・ます』調だとか、
『だ・である』調だとか
いちいち気にしなくて良い。

手紙なのだから
書き方も内容も自由だ。

読んでいる先生だって
「これは手紙なんだ」と
思って微笑ましく思い、
ある程度は目を瞑ってくれるだろう。

それに、
本やストーリーに
対して感想を
思いつかなくても、
特定の登場人物に
対しては何かしら
感想があるかもしれない。

感想でなくても、気になったことや
わからなかったことでも良い。
その登場人物に素直に聞けば良いのだ。

「〇〇ちゃんは、なんで□□の時、
 〜しようと思ったの?
 私だったら△△すると思うんだ。
 だから〇〇ちゃんは××だなと思ったよ。」

こんな風に聞いてしまえばいい。
わからないものはわからない。

「私はこう思ったんだけど
 〇〇ちゃんはどうかな?」

と書いておけば
立派な読書“感想”文だ。
先生も文句も言わないだろう。

それに、どの場面の登場人物に
手紙を書いても良い。
「これから試合の〇〇ちゃんへ」
とかいう書き出しにすれば、
読み手の先生も理解できる。

更にいえば、主人公を讃えたり
励ましたりする手紙でなくても、
悪役にあてた手紙でも良い。

鬼や魔女に更生しろと迫っても
あなたの気持ちも少しはわかると
書いても良いのだ。
手紙なのだから自由なのだ。

もし、
「何書けば良いかわからない」
「全然思いつかない」
「感想なんてないよ・・・」
とお子さんが悩んでいたら、
「手紙書いてみれば?」
と促すのも良いだろう。

多分、この書き方ならば
低学年の子でも書きやすいと思う。


そして2つめ。
(2)本の続きを書く

物語の場合は、勝手に続きを
書いてしまうのだ。

これもまた、
続きを書くのだから
あくまで想像であり、
正解も不正解もなく
何を書いても自由だ。

初めの100文字くらいで、

「とても面白かったです。
 特に〇〇の場面では
 ハラハラしてしまいました。
 しかし、続きがとても気になります。
 だから、私なりに続きを
 書いていきたいと思います。」

といった
ほんの少しの感想と
前置きを書いた上で、
段落変えて続きを
書き始めてしまえば
さほど違和感もない。

冒頭部分で感想文を
書いてしまっているのだから
先生も文句は言えないだろう。

それに、その後の物語を
書けるということは、
たとえ奇想天外で万人受けしない
トーリーになったとしても
一種の才能だ。

想像・創造することや
自由作文は好きだが、
強制された読書感想文は
嫌いで気乗りしない子には
オススメしたい手法だ。

たとえ感想文らしさは
あまりなかったとしても
その子らしさが開花するだろうし、
一目置かれることにもなり、
その子の自信にも繋がるかもしれない。


そして最後。
(3)自分語りの持論を展開する

ネタが切れたら仕方がない。
話や登場人物に
ほんの少しでも
かするような
自分の話を差し込み、
当時の自分の感想を書いて
照らし合わせてしまうのだ。

例えば、

「〇〇さんは□□と言っていましたが、
 私にも似たような経験があります。
 それは私が△才の時の話です。

 私も〇〇さんと同じ状況でしたので
 つい□□と言ってしまったのです。

 〇〇さんはどのように思ったのかは
 本に書いていなかったので
 本当のところはわかりません。

 ですが、私はその時××と思ったので
 もしかすると〇〇さんも同じように
 思ったのかもしれないと感じました。
 だからあのような行動をしたのでしょう。」

と言った具合に、自分の経験や
出来事を入れ込んでしまうのだ。

例を見ていただければ
かると思うのが、

よく読むと、
本の感想なんて
一切書いていない。

当事者の感想は
否定しようもないし、
これまた登場人物との
照らし合わせも
想像だから自由だ。

しかし、なぜか
物凄く考えて書いた人の
作文に見えるという不思議。

評論文に対しての感想文では
よくある手法だ。

また、内容や登場人物に対して
反論するのもありだろう。

内容によっては先生に
白い目で見られるかもしれないが、

「〇〇さんは□□と言っていて、
 みんなはほめていましたが、
 私はおかしいと思います。
 ほめられる理由がわかりません。

 私だったら△△と思うので、
 絶対に□□とは言わないと思います。」

と言ったように
持論を展開するのもありだ。

可愛げがないだとか
思われるかもしれないが、
勝手に思わせておけば良い。

お子さんに対して
「もし同じ状況だったら
 同じようにすると思う?」
と聞いて
「そうは思わない」
と返ってきたら、
否定せずにそのまま
書くことを促すのも良いだろう。

共感の気持ちは書きにくいし、
すでに書かれていることに
賛同するから他の感想を
思いつきにくい。
「私もそう思います」で
終わってしまうのだ。

しかし、
反論ならば
すでに書かれたことの
逆の持論になる上に
自分の意見になるので
かぶることなく書きやすい。

違うと思えば思うほど、
反論する理由も思いつく。
与党よりも野党の方が
意見を言いやすいのにも似ている。

とは言え、もちろん
わざわざ反対意見を
言う必要もない。

もし、

「この本の主人公は
 こう言っているけど、
 私だったらこの場面で
 こう言うんだけどな!」

と言ったようなことがあれば
ぜひその持論を展開していくことを
オススメする。

お子さんがそう言っているのであれば
斬新な発想を潰すのではなく、
「どうしてそう思うのか教えて?」と
促してあげると書きやすくなると思う。


*****


以上が、

感想がほぼなくても
簡単に書ける!
異端的な『読書感想文』
3つの書き方

になる。

なお、私は昔から作文は好きだったが
読書感想文は好きでなかった。
しかし、書けば賞をもらえていたので
『異端的』と言ってもさほどおかしい
書き方ではないと思う。
多分「それっぽく」書くのが得意だったのだ。

また、塾講師で国語を教えていた時に
読書感想文に手こずる生徒さんの面倒も
見ていたからそこまではずれていないと思う。

なので、真似していただいても
それなりには効果はあると思う。

ただし、異常な道徳大好き人間の
先生には批判される可能性も
あるのでご了承いただきたい。


「ネーミング・コピー」部門ブログ

ランキングでおかげ様で1位継続中!
ポチッとしていただけたら嬉しいです。
    ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 経営ブログ ネーミング・コピーライティングへ 

ビジネスプロフィール&主な実績(2017年7月現在)


『言葉』と『見せ方』で
  人の心を動かす
《あなたの宣伝部長》

「売れない広告はただのゴミ」
と考えるセールスコピーライターが
たった1ヶ月で反応率45.5倍、
業界平均の200倍にする方法を教えます。

   *****

【プロフィール】

1988年、東京都新宿区生まれ、埼玉県熊谷市育ち。
本庄東高校、立教大学文学部卒。

幼少より作文・美術等を好み、全国大会最優秀賞歴あり。
大学時代のアルバイトでは、出版編集プロダクションの編集職や
小中高生までの国語・英語・社会の塾講師、
SoftBankのキャンペーンMC職、メイドカフェ等に従事。

就活では、氷河期に倍率1000倍の出版業界に絞り大苦戦。
数々の作文やキャッチコピー試験等を突破し、
双葉社の最終面接まで進んだが、3名枠前に落選。

大学4年の夏に業界職種を絞るのを辞め、
何とか就職できたニッチな半導体メーカーの
財務職に就くものの、女性=事務職限定の会社で、
ルーチンワークが肌に合わず離職。

もっと変化があり、やった成果がわかる
仕事をしたいと考えていた際、
朝倉千恵子氏の営業塾を偶然見つけ入塾。
その後日本生命にエリア営業職として転職。
銀行や大手メーカーで営業・講師をし、
職域内占有率1位、解約数0に。

その後、生損保の法人営業としてAIU保険MA代理店へ。
作った台本を元にテレアポや飛込も行い、
MS&ADが定める生保年間基準を2ヶ月で達成。

また、広報としても経営者向けの冊子も制作し、
かつての出版編集職への夢を思い起こす。

営業×制作スキルを活かしたく、成果報酬型の
ホテル・旅館専門のホームページ&EC制作会社へ
ディレクター兼コピーライターとして就職。
約50施設担当し、企画・コンサル・制作・撮影等も
全て1人で行い、昨対比売上を平均3倍等にした。

独立を視野に入れ、100万円以上借金かつ投資し、
約1年間古山正太氏のセールスコピーライター養成講座を受講。
受講早々に自作した提出物を同期向けの見本にされた他、
経営者の方をはじめとしたクライアント様からの直接指名や、
広告制作会社、マーケティング会社などから案件を複数受注。

新婚にもかかわらず、投資した講座料等を回収すべく、
平日の日中は会社員のコピーライターとして働き、
平日夜と土日は副業のコピーライターとして働き続けた。
なお、現在はオブザーバーとして受講生フォローを行なっている。

2016年独立し、集客コンサル・企画・広告制作・執筆等を行う。
LPリニューアル制作後、たった1ヶ月間で反応率45.5倍、
月100万円の広告費で月2000万円売上を継続ほか、
メンタリストDaiGo氏の広告制作実績あり。

2017年、大手総合通販会社等より
クリエイティブディレクターの内定を得たが、
縁あった出版社で顧問コピーライターをしつつ、
フリーの仕事を続けていくことを決意する。

なお『アニータ』は大学軽音部時代のあだ名。
自分が「良い商品・サービスだ」と
思ったものだけを広めたいタイプ。

趣味嗜好は、『コラムニスト』気取り、旅、
街歩き、食べ歩き、創作、執筆、地歴、乗物、
兎、猫、クレイジーケンバンド椎名林檎関連。


【実績一部】(2014.8〜2017.7)
▼セールスコピーライター・ディレクター・集客コンサルタント

・ホームページ&ECサイト制作会社で、企画・制作・
 コピーライティング・コンサル・デザイン・撮影・統括等し、
 担当50施設の売上昨対比平均を3倍、プランを昨対比5倍。

・月2件しか申込みがないクリニックのLPをリニューアルし、
 制作後1ヶ月で申込みを月91件、反応率45.5倍に。
 現在も月100万円の広告費で月2000万円の売上を継続中。

・メンタリストDaiGoのセミナーLPを制作し、
 2ヶ月弱で500名満員でキャンセル待ちに。

FAXDMを制作し、反応率は業界平均0.01%と言われる中で、
 200倍の2%の反応率に。

・以前は月6件の申込だった雑誌広告をリニューアル制作し、
 翌月33件、翌々月46件に。

・オンライン講座ページにてコメント記入を誘導する文章を書き、
 通常は数十件のコメントを305件に。

・LP・メルマガ・各種動画ページ・FAXDMなどを制作、
 デザイン指示、メルマガ監修等を行い、コピーライター・
 企画として参画したプロダクトローンチのプロジェクトにて
 たった1ヶ月で受注ベース5395万円突破。


以上。


※LPとは:ランディングページのこと。詳細は下記参照。
ランディングページ(LP)とは何か? 〜目的・特徴・事例などカンタンにご紹介します!〜 - 『コラムニスト』気取りで何が悪い|あなたの宣伝部長!集客コンサルタント&セールスコピーライター|アニータ江口のブログ


*****


▼詳細プロフィール
http://aiegc.hatenablog.com/entry/2016/06/30/232035

▼メニュー&納品までの流れ
http://aiegc.hatenablog.com/entry/2016/10/10/235041

▼ライターとしての得意ジャンルなど
http://aiegc.hatenablog.com/entry/2016/11/09/235906

▼お問い合わせ&見積もり依頼はこちら
お問い合わせはこちらから

はてな読者登録
http://blog.hatena.ne.jp/aiegc/aiegc.hatenablog.com/subscribe

Twitterフォロー
アニータ江口【あなたの宣伝部長!】 (@Anita_Egc) on Twitter

facebookフォロー
https://www.facebook.com/aiegc113

▼ネーミング・コピーライティング部門ブログランキング
ネーミング・コピーライティング 人気ブログランキング IN順 - 経営ブログ村

しまむらの「“洗濯機で洗える”浴衣」はターゲットを狙い撃ちした素晴らしいキャッチコピーだ。

f:id:aiegc:20170722224358j:plain

浴衣 | ファッションセンターしまむら
togetter.com


しまむら
「“洗濯機で洗える”浴衣」

というキャッチコピーで
売り出したことが

話題になっているらしい。

この件について、
私は「さすがしまむらだわ」と
感心している。

『洗濯機で洗える』と言う
宣伝文句に対して、


「浴衣は洗濯機で洗える”のなんて
 当たり前なのに当たり前だし、
 知らないなんて信じられない」

と言っている層がいるが
そんなのはどうでも良い話だ。

しまむら
「“浴衣は洗濯機で
洗える”のなんて当然だろ」
「無知は恥ずかしいわね」
なんていう人を
ターゲットにしていない。

「浴衣のことをあまり知らない」
「イベント以外は着ない」
「着物屋さんでは買わない」
「さほどこだわりはないが
コスパが良いものが欲しい」
人に買ってほしいと考えている。

だから、このキャッチコピーは
正解なのである。

確かに浴衣に詳しい人でも
しまむらで買うこともあるだろう。
例えば雨に濡れても良い用など
気軽に着るようだ。

いくら洗濯機で洗えると
言われたとしても
超高級浴衣を洗濯機で
ガシガシ洗う勇気は
出ないだろうし、
気軽に着てガシガシ
気にせず洗濯機で洗える
しまむら浴衣は安心だ。

とは言え、やはり
その浴衣に詳しいが
しまむらの浴衣も着ると
いう層はごく一部だろう。

やはり、しまむら
メインターゲットは
浴衣に詳しくない上に
祭の時だけ着る層だろう。

また、値段から考えれば
若い層からも人気で、
親におねだりして
買ってもらう中学生や
自分のバイト代で買う
高校生・大学生なども
この浴衣を愛用する
可能性もある。

そうなると、
浴衣に詳しくない
可能性もさらに高まり、
「洗濯機で洗えるから
 楽でいいなー!」
と気軽に買うのが予想できる。

買わない外野が
「無知は恥ずかしい」
だとか
ごちゃごちゃ言っても
お客様にならないのだから
無視して良いのだ。

ターゲットに絞った
宣伝が功を奏している。

さすがしまむら
世界に誇る埼玉の星は違うな。


「ネーミング・コピー」部門ブログ

ランキングでおかげ様で1位継続中!
ポチッとしていただけたら嬉しいです。
    ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 経営ブログ ネーミング・コピーライティングへ 

aiegc.hatenablog.com

ブログランキング参加中! にほんブログ村 経営ブログ ネーミング・コピーライティングへ
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村 経営ブログ マインドセットへ