『コラムニスト』気取りで何が悪い|あなたの宣伝部長!集客コンサルタント&セールスコピーライター|アニータ江口のブログ

セールスコピーライター&集客コンサルタント|『コラムニスト』気取りで何が悪い|アニータ江口のブログ@あなたの宣伝部長!

広告制作して公開1ヶ月で5395万円受注したり、企業webページをリニューアルして反応率45.5倍にしている人。うまいこと言いたいだけの人生。内容:売上&集客UP・広告制作&宣伝の豆知識/購買意欲を高める行動心理学/文章の書き方/伝え方・見せ方/趣味嗜好/愚者の処世術・生き残り術/評論家・コラムニスト気取り

採用のミスマッチを防ぐ!正しい求人広告・採用ページの作り方 〜「明るく元気な職場」が人気だとは限らない〜

f:id:aiegc:20161030005334j:plain


「笑い声が絶えない
 明るく元気な職場です!」


「わきあいあいとした
 アットホームな雰囲気!」


「まるで家族!
 プライベートでも仲良しです♪」


「新人大歓迎!
 先輩が手取り足取り教えます♪」


「土日でもつい
 会っちゃうんだよねー♪」


「先輩も後輩もあだ名で
 呼び合っています!」


「退勤後はみんなで
 フットサルでリフレッシュ!」


「今日も社長のおごりで飲み会だー!」


そんなキャッチコピーがあり、


満面の笑みを浮かべた社員の写真、

ピースサインや
ガッツポーズをした社員の写真、


肩をがっつりと組んで
目を見開いている社員の写真。



求人広告採用ページ
よく見かけますよね。


皆さんは、こういう求人広告や
採用ページを見てどう思いますか?



私はとてつもなく嫌です。
私「は」絶対に受けたくありません。
ただし、これはあくまで個人的な感想です。

単純に私がこのようなキャッチコピーから
無理やりポジテイブ表現にしている
胡散臭さや嘘っぽさを察知してしまい、
このような職場に恐怖を覚えるからです。

それに私は、下記の記事のようなことを
書いているような薄情なタイプですし、
もし嘘ではなくてもこういう職場は苦手ですね。

一概には言えませんが、某巨大掲示板に書いてあった
ブラック企業の求人広告にありがちなテンプレなのでね。

aiegc.hatenablog.com

 
ただですね、冒頭であげた
ありがちなキャッチコピーやありがちな写真に対して、
「いいなー!」「そんな職場で働きたい!」
と思った方もいらっしゃるかと思います。

これは、
あくまで好みや価値観の違いです。
どういう職場や環境、人間関係の中で
働きたいか、働きやすいかというのは
人それぞれです。

昨今、ブラック企業という言葉が一般化しましたよね。
どういうものをブラック企業というのかというと、
まさに、過労自殺が起きた電通社員の職場ですね。

aiegc.hatenablog.com

 人間的な権利を奪われ、奴隷のように酷使され、
セクハラ、モラハラが蔓延し、心身ともに病んで
自殺するほどの職場はあきらかなブラック企業です。

ただ、最近、
一概にブラック企業とは
言い切れないのに

ブラック企業だと言われる
企業も多くあるような気もします。


その原因は、
採用のミスマッチ
によるものです。


冒頭で挙げたこのキャッチコピー
     ↓ ↓ ↓

「笑い声が絶えない明るく元気な職場です!」
「わきあいあいとしたアットホームな雰囲気!」
「まるで家族!プライベートでも仲良しです♪」
「新人大歓迎!先輩が手取り足取り教えます♪」
「土日でもつい会っちゃうんだよねー♪」
「退勤後はみんなでフットサルでリフレッシュ!」
「今日も社長のおごりで飲み会だー!」


仮に、このキャッチコピーに書かれている内容が
嘘偽りないものとしましょう。

そして、社員は、社長や先輩に毎日の飲み会や
プライベートな関わりを強要されているわけではなく、
本当にこの環境を愛し、楽しく仲良く前向きに
誇りを持って働いているとしましょう。

たとえ、社員が幸せに働いていたとすれば
素晴らしい職場です。

ですが・・・

・静かな職場を好む
・プライベートに介入されたくない
・成績さえ出していれば何も言われたくない
・飲み会に行かずに早く家に帰りたい
・退勤後は家族や恋人、友達との時間にあてたい

というようにミスマッチな人にとっては
最悪な職場になるわけですね。

もちろん逆のパターンもありますよね。
明るく元気な雰囲気で、毎日社員で飲み会に行ったり
フットサルに行くような仲良い職場を好む人にとっては、
静かな職場で会社の人のプライベートが
全く見えない状況を恐ろしく感じるかと思います。

そうなると、
ミスマッチになった人にとっては
ブラック企業
となる可能性もあるわけです。

たとえ、理不尽な強要や心身病む要素もない
社員全員が幸せに働いている職場であってもですね。
ブラック企業」だと罵られてしまうわけです。

そして、どんなにマッチした人にとって
天国のような職場でも、ミスマッチな人には地獄であり、
心身を病んでしまう危険性さえもあります。

そのようなことを防ぐために、
求人広告や採用ページには、

・どういう人に来て欲しいか
・どういう職場環境なのか
・どういう人が合いそうなのか

を正しく明記する必要があります。

なぜか、とりあえず
キャッチコピーなどで
明るく元気な職場アピールをし、
ガッツポーズやピースサインをする写真を
掲載する会社が多いですよね。

こういうアピールをすれば、
人気も出て、良い人が来ると思っているんですよね。

これが事実であるならば良いと思うんですよ。
それに、そういう人に来て欲しいならば良いのです。
そういう環境を好む人が受けますからね。

ですが、もし・・・
ものすごく静かで飲み会もなく、
仕事とプライベートをがっつり分けている人ばかりで、
誰もが速攻定時退勤するような職場なのに、
明るく元気でプライベートも仲良しな
職場アピールをしていたら・・・
事実と違うわけで、お互い

ミスマッチになりますし、
受ける側も採用側も
幸せになりませんよね。


明るく元気な職場を求めて受けに来た人にとっては、
「広告や採用ページと違う・・・」と思いますし、
入社した場合は、ミスマッチで速攻やめるかも
しれませんし、場合によっては心身ともに
病んでしまうかもしれません。
さらに言えば「あそこはブラック企業だ」と
言われる可能性もあります。

そして、採用側にとっても不幸です。
正しい求人広告や
採用ページにしておかないと、

本来マッチする人が受けに来ません。

・静かな職場を好む
・プライベートに介入されたくない
・成績さえ出していれば何も言われたくない
・飲み会に行かずに早く家に帰りたい
・退勤後は家族や恋人、友達との時間にあてたい

昨今、こういう人も多々います。
いわゆる私みたいなゆとり世代には
多いのではないでしょうかね。

もし、こういう職場であれば
そこをアピールすれば良いのです。

たとえ、大多数の人に「受けたい!」と
思われなくてもマッチする人だけが反応して、
受けてくれれば良いのです。

求人は、商品販売でもなんでもないので
大多数にヒットする必要はありません。

とにかく誰でも良いから人が欲しい職場の場合は
上手いこと言って人を採りたいのでしょうけれど、
ミスマッチの人を採ってもすぐやめますし、
むしろ採用コストがかかると思うのでおすすめしません。

なので・・・

・静かな職場を好む
・プライベートに介入されたくない
・成績さえ出していれば何も言われたくない
・飲み会に行かずに早く家に帰りたい
・退勤後は家族や恋人、友達との時間にあてたい

という人向けに
こういうキャッチコピーはいかがでしょうか。


「飲み会なし!電話なし!
 タイピングの音だけが響く静かな職場」

「プライベートは
 暗黙の了解で介入しません」

「社内の会話も全てスカイプ
 隣にいても話しません!」

「定刻出社!定刻退社!」

「あの人の下の名前を
 僕達はまだ知らない。」

「ランチは基本1人です。
 誰にも邪魔させません。」

【社内エースにインタビュー】
「仕事?嫌ではないけど、
 働いたら負けかなと思ってる

 だからさっさと終わらせて
 速攻定時で帰るよ。」



なかにはこういうのでも
食いつく人はいるかもしれませんよ。
そのまま使っても私は責任取りませんがね。

では。


追伸
冒頭の写真は、フリー素材の「ぱくたそ」から
もらってきたのですが、いちいちタイトルが面白かったです。
真面目な写真もあるけれど意外と攻めている
いらすとや」と同じ匂いがして好きですね。

 

*****

★現在募集中の講座
売上&集客UP!効果的な宣伝方法がわかる!
マーケティング&ライティング講座【特典付】

@新宿周辺1月8日(日)→★★★

▼▽▼各種フォローは下記から▼▽▼

aiegc.hatenablog.com

ブログランキング参加中! にほんブログ村 経営ブログ ネーミング・コピーライティングへ
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村 経営ブログ マインドセットへ