『コラムニスト』気取りで何が悪い|あなたの宣伝部長!集客コンサルタント&セールスコピーライター|アニータ江口のブログ

【旧ブログ・はてな補完用】セールスコピーライター・アニータ江口@あなたの宣伝部長のブログ

2016年から書いている当ブログは、現在「公式サイト兼ブログ」《anita-egc.com》の補完用として機能しています。まずは1番上の記事、【初めての方へ】をご覧ください。

入学祝い・就職祝いのギフトには「“特殊な”ボールペン」がオススメ!

f:id:aiegc:20180316234645p:plain


「入学祝い何にしようかしら」
「就職祝いって何が嬉しいのかな?」

そんなことを考えている方も
いるかもしれない。

無難に考えれば、色々あるのだが、
お金やギフト券など自分で選べるもの、
お菓子やお花など残らないものは
いくつあっても困らないし、
なくなるものだから
当たり障りないかもしれない。

それに、何が欲しいか聞くのが
1番良いとは思うが、
聞けない人もいるだろう。

そこで、何か残るもので喜ばれそう、
(少なくとも嫌がられはしない)なものを
渡したいと考える方向けに
1つオススメしたいものがある。

それは、
「ボールペン型ICボイスレコーダーだ。


EVISTR ペン型ボイスレコーダー 16GB ICレコーダー 録音機 192Kbps 高音質 小型軽量 USBで充電可能 ノイズキャンセリング技術搭載 MP3プレーヤー機能 (方型)

 

 

おそらく、滅多なことがない限り、
自分では買わないだろう。
少なくとも、それなりのものを
買おうと思わないはずだ。

ペン型ボールペンは必ず使うとは限らない。

だが、あった方が精神的に安心できる上に、
いざという時に使えるお守りだ。

・会議や講義、打ち合わせ、取材、
 メモが取れない状況で録音したい時
・自分のプレゼンや発表の練習や、
 本番の様子を録音したい時
・英会話レッスンの聞き返し
・医師や薬剤師の会話を録音したい時
・日常会話のメモがわり
・歌や楽器練習の際の録音
・自分の歯ぎしりやいびき、
 無呼吸症候群などの確認

このような時に便利だ。

ただ、正直それだけではない。
会社や学校で使う時は、
必ずしも良い時とは限らない。

パワハラ、セクハラ、アカハラ
・恐喝、いじめ、言いがかり
・理不尽な囲い込み
・口約束による逃亡
・理不尽な契約強要
・商品を自腹で買い占め強要
・ミスの濡れ衣

何があるかわからない。
「こんなこと、あるはずがない」と思うかも
しれないが、会社も学校も入ってみなければ
わからないだろう。(実際私は色々あった)

いくら優秀な学校や会社だとしても、
おかしな人がいる可能性はある。

初めは良い人そうだったのに、
突如豹変する人も多々いる。

大概そういう人はやり方がうまい。
だから、証拠がないと泣き寝入り
する羽目になる。

1対1の個室で詰められたら
誰も証明してくれない。

その人の地位が高ければ
もみ消されたり握りつぶされたり、
その人の外面がよければ
誰も信じてはくれないだろう。
ましてや、こちらが加害者扱い
される可能性だってある。

また、会社や学校だけではない。
不動産屋や大家さんに
丸め込まれるかもしれない。
隣の家の人に言いがかり
つけられるかもしれない。
あたり屋やあおり運転の車に
車をぶつけられるかもしれない。
怪しい宗教勧誘やネズミ講
取り囲まれるかもしれない。
家やデート中にDVされるかもしれないし、
危険な人に無理やり襲われるかもしれない。

そんな時、1人であれば
誰も守ってくれない。

だが、少なくとも証拠を録っておけば
あとあと泣き寝入りはせずに済む。

自分の身は、自分で守るしかない。
ペン型ボイスレコーダーは、
何かあった時のお守りである。

昔、自分を守るためにサバイバルナイフを
持つ子供が増えて、社会問題になったが、
ナイフよりもペン型ボイスレコーダーが強い。
実際のことわざの意味とは異なるが、
「ペンは剣より強し」とでも言えるだろう。


*****


ちなみに私が持っているのはこれだ。


 

 

BESETOデジタルペンボイスレコーダー VR-P003N

BESETOデジタルペンボイスレコーダー VR-P003N

 


なお、上記の商品はMac非対応なので要注意。
Windows時代に使っていたが、かなりオススメ。

労基に数回行ったり、裁判を考えたことも
多々あるので、かなり選びに選んで
買ったペン型ボイスレコーダーだ。
(今は職業柄、取材のために堂々と大きな
 ボイスレコーダーを使えるので安心だ)

楽天では、この商品は当時1位だったが、
今もなお、1位のようだ。

もっと安いペン型ボイスレコーダー
たくさんあるし、1万円近いので
安いとは言えない。

だが、鬼気迫っていた私が調べまくって
選んだ商品なのでかなり推せる。

選んだ理由としては・・・

・見た目は少し高そうなボールペン
 (録音ペンだと思われない)
・ボールペンとしてもきちんと使える
 (替え芯を入れればずっと使える)
・録音開始はフックを下げるだけ
 録音停止はフックを上げるだけで簡単
 (録音しているようには見えない)
・ボールペンに録音ボタンなどは一切ない
 (フックが唯一のスイッチなのでバレない)
・ランプが光ったり音が出ないのでバレない
・音がした時のみ録るので待機電力0
・録音は12時間、再生時間8時間
・MP3なので、一般的な音楽ソフトで再生できる
・充電はヘッド部分に付属USBを挿すだけ
・付属品のリモコンとイヤホンでその場で確認可
・パソコンはリムーバルディスクとして判断するので
 USBメモリーと同じ要領でデータを移せる

この辺りである。

とにかく、バレない。
きちんと、録れる。

これが大事なことだ。

ただ、あらかじめ「録音しますよ」と
行っている場面であったり、
打ち合わせや会議を録音したいだけならば、
わざわざペン型にする必要はない。
iphoneだって良いだろう。

だがこれは、万が一何かあった時に使うもの。
「なに録ってんだ!」などとバレたら
もっと大変なことになる。

だからこそ、絶対にバレてはいけないし、
相手に録音が「バレない」ことが最重なのだ。

そしてもちろん、データとして使うため、
きちんと録れなければ意味がない。
「一応録れたけど雑音で聞こえない」ではダメだ。

だから、ペン型ボイスレコーダを選ぶ際は、
いかに「バレずにきちんと録れるか」が
どうかが最重要ポイントである。


*****


macユーザーの方は、
下記のボイスレコーダーならば
対応しているとのこと。
 


私は使ったことはないのだが、
アマゾンには128件のレビューがあり、
4つ星なので高評価な方だろう。

1や2をつけている人は
不良品に当たってしまった人のようだ。

内容を見て、特徴として
大きく異なる点は、

mac(10.6以降)にも対応している
・替え芯がたくさんある
・内蔵LEDライトで充電&録音をお知らせ
(クリップ下にあるLEDライトで
 動作確認できる分、ポケットにでも入れて
 おかないとやや光るからバレるかもしれない)

くらいだろうか。

使い方はほぼ、私が持っているものと同じである。
フックのの上げ下げでONOFFできるし、
別のリモコンをつければすぐ確認できる。

容量や時間に関しては、
気になる方は見比べていただきたい。


*****


ペン型レコーダーは、
自分ではなかなか買おうとは思わない。

「使いたい」と思った時は、
大概持っていない時だ。
必要な時はほぼ緊急事態だろう。

プレゼントでお祝いなのだから
わざわざネガティブなことを
いう必要はない。

まるで脅しかのように、
パワハラとかセクハラとか
あるかもしれないから
そういう時のために持っていて」
と言って渡す必要はない。

ただ、「打ち合わせや商談の時に、
メモがわりに録音できて便利だよ」だとか
「講義に集中できて便利だよ」と
言って渡せば良いのだ。

「これ、録っているようには
 見えないらしいから
 相手を緊張させずに済むよ」
などと補足しておけば
なんとなく勘付くだろう。

もちろん、悪用は厳禁。
録音を禁止されている場では
使ってはいけないし、勝手に録ったものを
公開するというのは許されない。
これはあくまで自分のために使うもの。

それに、これを使って脅し、
相手に何かを言わせるというのは
絶対に許されないことである。

被害者が泣き寝入りしないためのもので、
加害者になるためのものではない。

その辺りをわきまえている人であれば、
入学祝いや就職祝いのプレゼントに
最適だと思う。

少なくとも私には役に立った。

突然個室に呼び出された時も
「いつでも録れる」という安心感や
実際録っていて何か言われても
「録ってる」事実があれば
何とも思わなくなった。

最近は特に「自己防衛」が大事だと
話題になっている。
国でさえあてにしちゃダメって言うのだから。

togetter.com

ボールペン型ボイスレコーダー
自分の身は自分で守ろう。

ペンを使って、自己防衛。

 


「ネーミング・コピー」部門ブログ

ランキングでおかげ様で1位継続中!
ポチッとしていただけたら嬉しいです。
    ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 経営ブログ ネーミング・コピーライティングへ 

aiegc.hatenablog.com

ブログランキング参加中! にほんブログ村 経営ブログ ネーミング・コピーライティングへ
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村 経営ブログ マインドセットへ