『コラムニスト』気取りで何が悪い|あなたの宣伝部長!集客コンサルタント&セールスコピーライター|アニータ江口のブログ

あなたの宣伝部長!集客コンサルタント&セールスコピーライター&ディレクター&コラムニスト|アニータ江口のブログ

うまいこと言いたいだけの人生。広告制作して公開1ヶ月で顧客に5395万円受注をもたらしたり、企業webページをリニューアルして反応率45.5倍にしている人。内容:広告制作&宣伝・売上&集客UPの豆知識/購買意欲を高める行動心理学/書き方・伝え方・見せ方/趣味嗜好/イラっとした時の対処法/ブラック人心掌握術/評論・コラム

「ゆとり世代」をバカにする人とはどんな人なのか?

「ゆとり」批判はどうつくられたのか: 世代論を解きほぐす


dot.asahi.com


1994年生まれのアスリートが
オリンピックでメダリストになるなど、
目立った活躍をしている。

羽生結弦選手、高木美帆選手は
まさにメダリストになった方々であり、
大谷翔平選手はエースとして名高い。

今まで「これだからゆとりは」と
叩かれがちなゆとり世代だったが、
どうやらこの活躍している方々の
おかげもあっては、良い見方をする人も
出てきたようである。


***


個人的な意見にもなるのだが、
ゆとり世代は失敗作」と叩く層は、
必要以上に集団行動を強要し、
個性がない従順な人を求め、
自分の言いなりにさせたい
タイプの人に多いように感じる。

ゆとり世代には「自分とは何か」
「やりたいことは何か」という考えを
持っている人が多い。

そのため、「あれやれ」と命じても
ただのイエスマンにはなりづらい。
つまり、自分の言いなりになりづらく
邪魔臭いのだろう。

会社であれば、無理に定年まで
同じ会社で勤務しようとも思わないし、
特に嫌なことがなくても
「他にやりたいことがあるので」と
やめる人も多い。

苦しんで我慢し、効率の悪い努力を
することが美徳だと感じている人は
「楽してきたくせに生意気な」と
イライラするのかもしれない。

また、やりたくもないことを
上の人から「やれ」と命じられ、
ひたすら我慢してやり続けた人からしたら、
自分のやりたいことに向かって生きる
ゆとり世代が腹立たしいのかもしれない。

そして、思考回路を理解できず、
行動の意味のわからなさから、
恐怖を感じるのかもしれない。

だからこそ、ゆとり世代
扱いづらいと感じ、
好きになれないのだろう。


***


私は1988年生まれだが、
彼らと同様にゆとり世代だ。
ちょうど「ゆとり教育」が
始まった年である。

望んでゆとり教育を選択し、
受けたわけではないのに、
事あるごとに「これだからゆとりは」と
バカにされてきたのは不快だった。

ゆとり教育を作り上げたのも、
ゆとり世代をバカにする人が多い
年代だというのに。

私たちゆとり世代
実験されたのだろうか。

もし今後改めて新しい教育方針が
打ち出されて授業の方針や内容が
ガラリと変わったとしても、
その世代が選んだことではないので、
私はバカにしないようにしたい。 

 


「ネーミング・コピー」部門ブログ

ランキングでおかげ様で1位継続中!
ポチッとしていただけたら嬉しいです。
    ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 経営ブログ ネーミング・コピーライティングへ 

aiegc.hatenablog.com

ブログランキング参加中! にほんブログ村 経営ブログ ネーミング・コピーライティングへ
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村 経営ブログ マインドセットへ