『コラムニスト』気取りで何が悪い|あなたの宣伝部長!集客コンサルタント&セールスコピーライター|アニータ江口のブログ

【はてなブログ用】セールスコピーライター・アニータ江口@あなたの宣伝部長のブログ

2016年から書いている当ブログは、現在「公式サイト兼ブログ」《anita-egc.com》の補完用として機能しています。まずは1番上の記事、【初めての方へ】をご覧ください。

広告の配色は、女性の「アイシャドウ」から学べ

前回、下記のような記事を書いた。

aiegc.hatenablog.com


「どうしてこんな配色にしたんだ」と
いうような広告を見て、勢いで書き上げた。

ーーーーーーーーーーーーーーー
■こんなお悩みありませんか?

・首が痛い
・目眩がする
・吐き気がする
・肩こりがひどい
・頭が痛い
ーーーーーーーーーーーーーーー


こういう気持ち悪い配色だ。

派手なのが悪いのではない。
色の組み合わせや、
配置がおかしいのだ。

アートならまだわかる。
何かアーティストの意図があるのだろう。

だが広告は、商品を売るためのものだ。
全部が目立っては重要事項がわからないし、
見る気を無くさせては意味がない。

そんなことを考えているうちに
ふと気づいたことがあった。

女性でここまで気持ち悪い配色に
する人はあまりいないなと。

理由を考えたのだが、
思い当たることが1つあった。
化粧品である。

化粧品の中でも特に
「アイシャドウ」。
瞼を色付けたり、陰影をつけるアレだ。


Honel プロ仕様10色アイシャドウパレット マット/大地/ニュートラル/ブラウン系 アイシャドウボックス コンシーラー ハイライト アイブローパウダー シェーディング 多機能 プロサロン/私用 メイクパレット コスメ 02

アイシャドウは「アイパレット」とも言う。
絵の具を出すパレットと同じである。

このアイシャドウの配色は、
化粧品会社が緻密に考えて作っている。

顔の印象を変えるものなので責任重大だ。
広告の配色で失敗するのも問題だが、
気持ち悪い配色のアイシャドウは、
もしかすると人の人生を
狂わせてしまうかもしれない。

だからこそ、そんな過ちを犯さないように
化粧品会社は一生懸命考えて作っている。
あくまでその人を美しく見せるために。

なので、市販品として売られている
アイシャドウおよびアイパレットは、
プロのメイクさんでもない
一般的な人でも使えるように
考えられている。

と言うのは、よくあるアイシャドウは
パレットにある色を全て使って
グラデーションにしたり、
塗る場所を変えて、全部使うことが多い。

 

キスミーフェルム 明るい目もとアイカラー01 ブラウン系 1.5g

上記の商品のように、
親切に「まぶた全体」「アイホール
「目のキワ」なんて塗る場所が書かれており、
この言葉の意味がわからなかったとしても、
このアイパレット自体がまぶたの形
そのものにデザインされているために
おそらく素人でも再現できる。

このように、大概市販されている
アイシャドウは、
素人でも使えるようになっている。

万が一、素人がぐちゃぐちゃ
混ぜて使ってしまっても
変なグラデーションにしてしまっても
気持ち悪いことにならないように
うまいこと考えられているのだ。

だから、広告を作る際も
アイシャドウの配色を
真似しておけば
おかしなことにはなりにくい。


例えば、同系色でまとめる時。
グラデーションになりそうなものは
難易度が低い。

エクセル スキニーリッチシャドウ SR01 ベージュブラウン

同じ茶色でも明るく艶やかさがあるものや、

 

BEE&BLUE プロ仕様アイシャドウパレット 発色が素晴らしい 12色アイシャドウパレット

黒系に近いもの、

 

ケイト アイシャドウ メタルグラマーアイズ BR-1

黄色っぽい金色に近いものや、
グレーがかった金色、

インテグレート アクセントカラーアイズ CC BR693 3.3g
赤みがある茶系でまとめたものなどある。

同じ茶系でも、黄色っぽいもの、
黒っぽいもの、白っぽいもの、
赤っぽいもの、鮮やかなもの、
くすんだものまで様々。

同じアイシャドウのパレット内では
鮮やかさやくすんだ感じは
統一されていているのがわかると思う。


*****


春・秋になると人気になる赤みがあるものは、

 

[Missha] ミシャ トリプルアイシャドウ 2017 秋冬 NEW COLOR 4色 (#16 Rose Fondue) [並行輸入品]

ワインの赤みに少し白っぽさを混ぜたものや

ヴィセ リシェ グロッシーリッチアイズ (PK-3)

さらに黒っぽさを混ぜてくすませたもの、

リンメル ロイヤルヴィンテージ アイズ 009 ヴィンテージブリック (4.1g)

茶系を混ぜて陰影をつけるのに使いやすくしたもの、

セザンヌ トーンアップアイシャドウ 02 ローズブラウン

くすみを消してもっと白っぽく明るくしたもの、

スウィーツスウィーツ プレミアムガトーシャドウ 06 ピーチクランチバー

さらにキラキラとした眩しさや
白さや明るさを増やしたもの、


キャンメイク アイニュアンス32 ショコラアップル 3g

さらにくすみが全くなく、
鮮やかさを加えたものなど様々な種類がある。


*****


同じ赤・ピンク・茶系であっても、
こんなにも雰囲気が変わる。
リンメル ロイヤルヴィンテージ アイズ 009 ヴィンテージブリック (4.1g)
おそらく上記ならば、落ち着きや
しっとりした大人の女性、
秋や夜の感じがあり、

スウィーツスウィーツ プレミアムガトーシャドウ 06 ピーチクランチバー

 

上記ならば、みずみずしさ、
優しくて穏やかな女性のような雰囲気、
春や昼のような雰囲気、


キャンメイク アイニュアンス32 ショコラアップル 3g

さらに上記ならば、元気一杯の
少女のイメージさえも彷彿する。

同じ赤・ピンク・茶系であっても、
ガラリと雰囲気が変わるのが
お分かりかと思う。

化粧品会社がかなり
考えて作っているのだ。

同じ赤・ピンク・茶系であっても、
おそらく他のパレットのアイシャドウと
安易に混ぜて使ってしまったら、
失敗してしまう可能さえもあるだろう。


*****



やや難易度は上がるが、
さらに色味が増えたパレットもある。

これらも市販のものなので、
素人が使えるように考えられて
配色してある。

エチュードハウス(ETUDE HOUSE) エチュードハウス プレイカラーアイズチェリーブロッサム 1g x10[並行輸入品]

BETTER YOU (ベター ュー) アイシャドウ パレット アイシャドー アイメイク パール 長持ち 防水 ぴかぴか メイクアップ おしゃれ 化粧品 (4)

エチュードハウス(ETUDE HOUSE) プレイ カラー アイズ ワインパーティー/Play Color Eyes Wine Party[並行輸入品]

ヴィセ リシェ グラマラスヌード アイパレット BR-2 ピンクブラウン系

BEE&BLUE マット アイシャドウブラシ ミラー付き プロ仕様 12色セット

似たようなものにも見えるが、
微妙に全体が黄色っぽいもの、
赤っぽいもの、明るいもの、
暗いもの、鮮やかなもの、
くすんでいるものなど、
パレットごとに違うのがわかるだろう。


*****


さらに難易度が上がるのは、
近い色味ではないパレットだ。

グラデーションにはならないものや、
赤・茶色・ピンクなど、近い色ではないもの。

例で言えばこれ。

 

マキアージュ ドラマティックスタイリングアイズ OR321 4g

オレンジ・ピンク・茶色・アイボリーは、
やや同じくくりにはなるのだが、
薄い水色が入っている。

とは言え、これも市販品。
薬局でも買えるアイシャドウだから
素人でも使える代物だ。

だから、これもまた、
化粧品会社が考えて配色した
パレットになっているはずなのだ。

水色は突拍子もないように
感じるかもしれないが、
このアイシャドウのパレットを
見ても気持ち悪くはならない。

それは、色というよりは、
明るさや暗さ、
鮮やかさやくすみを
計算して配置しているからだ。

このレベルの配色になってくると
なかなか自分で考えるのは
難しいかと思う。

なので、広告作成する際に
プロのデザイナーさん以外が
挑戦するのは危険な配色だ。


*****

最後にプロ仕様の
アイシャドウパレットを紹介する。

LZROL プロ仕様アイシャドウパレット 40色 メイクパレット


これよりもっと多いものもあるが
こんなにも色味がある。

茶系だけでも左のパレットが
埋まりそうな勢いだ。

プロのメイクさんはこの色味を
使いこなすことができ、
混ぜ合わせて自分の色を作る。

だが、素人には無理だ。
なんとなく気分で色々な色を
混ぜ合わせてしまったら、
美しく見せるための化粧が
化け物への変身になってしまうのだ。

これは、広告でも言える。
何も考えずに気分で配色したり、
目立たせようとして激しい色を
使いまくったり、テイストを混ぜてみると
完成した広告がひどくなる。

たとえ、商品や文章が
よかったとしても
誰も見てはくれないだろう。

だから、配色も重要だし、
怖いと感じるのならば、
無難に近い色味や少ない配色にし、
多色使いはやめたほうが良いのだ。


*****


なんとなく配色を無料で
勉強したいのならば
薬局をうろついて女性の化粧品を
眺めるのはすごく良いと思う。
特に女性向けの商品の広告ならばなおさら。

もし本で学びたいのであれば、
本はたくさん出ているので
読むとなんとなくわかると思う。


下記書籍「配色デザイン手帖」の
詳しく紹介していた方の記事があったので
こちらに貼っておく。
バリエーション豊かでわかりやすい。

coliss.com

 

色の事典―色彩の基礎・配色・使い方

色の事典―色彩の基礎・配色・使い方

 
すぐに役立つ! 配色アレンジBOOK

すぐに役立つ! 配色アレンジBOOK

 

 
なお、私は広告制作者であるが、
デザイナーではない。

絵を描くのは好きで遠い昔に
美術部長でもあったが、
あれはあくまで絵で趣味だ。
それにデザインではない。

お客様の納期やご予算の関係上、
デザインや構成まで全て行うこともあるが
基本はデザイナーさんに頼んでいる。
自分はプロデザイナーさんではないからだ。

だから、クライアント様に
どんな雰囲気にしたいのか、
なぜそのような雰囲気にしたいのか、
どういうターゲットを狙うのか、
いつこの広告を打ち出す予定なのか、
どんな商品なのかをヒアリングかつ、
コンサルさせていただく。

そのお聞きした内容をまとめ、
デザイナーさんに共有し、
私の方でライティングするのは勿論、
フレームワーク(ラフ案&構成)
作成まで行い、お渡ししている。
(同席していただくこともある。)

自分でデザインしない場合でも、
デザイナーさんに共有する際には
最低限の知識や感覚は
備えておいたほうが便利だ。

何色かよくわからなくても、
頭の中にレパートリーがあれば
どんなものが適切なのかわかる。

デザイナーさんにお願いするときも
「A社のポスターみたいな配色」
だとか、この本に載っているみたいなとか
伝えやすく、共有しやすくなる。

もし自分が簡易的なチラシを作ることになっても、
気持ち悪い配色で大失敗することもないし、
告知文で気持ち悪がられることもない。

色味を使ってプラスにすることは
できなかったとしても
少なくともマイナスにはならずに済む。

なので、ある程度、配色の知識は
つけておいて損はないと思う。

 


「ネーミング・コピー」部門ブログ

ランキングでおかげ様で1位継続中!
ポチッとしていただけたら嬉しいです。
    ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 経営ブログ ネーミング・コピーライティングへ 




aiegc.hatenablog.com

ブログランキング参加中! にほんブログ村 経営ブログ ネーミング・コピーライティングへ
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村 経営ブログ マインドセットへ