『コラムニスト』気取りで何が悪い|あなたの宣伝部長!集客コンサルタント&セールスコピーライター|アニータ江口のブログ

【旧ブログ】あなたの宣伝部長!集客コンサルタント&セールスコピーライター&ディレクター&コラムニスト|アニータ江口のブログ

【※公式サイト兼ブログに移りました→https://anita-egc.com】うまいこと言いたいだけの人生。広告制作して公開1ヶ月で顧客に5395万円受注をもたらしたり、企業webページをリニューアルして反応率45.5倍にしている人。内容:広告制作&宣伝・売上&集客UPの豆知識/購買意欲を高める行動心理学/書き方・伝え方・見せ方/趣味嗜好/イラっとした時の対処法/ブラック人心掌握術/評論・コラム

糖度10度以上「ちぢみほうれん草」の甘さに驚いた件

f:id:aiegc:20171123170621j:plain
画像:ちぢみほうれんそう - とちぎ農産物マーケティング協会

dot.asahi.com

「ちぢみほうれん草」を
ご存知だろうか?

上記の画像から分かるように
名前通り「ちぢんでいる」のが特徴だ。

今日スーパーでいつものほうれん草と
同じ値段で「ちぢみほうれん草」が
売っていたので買ってきた。

私は全く知らなかったのだが、
夫は詳しいらしく
「これ、物凄く甘いんだよ」とのこと。

おひたしを作ってくれたので
半信半疑で食べて見たところ・・・
めちゃくちゃ甘い。

そして、ほうれん草特有の
苦みやえぐみが全くない。
おそらく、ほうれん草嫌いの人も
食べられるレベルに癖がなく甘い。

なんだこれ、甘くて
美味しいじゃないか・・・
とバクバク食べまくってしまった。

気になったので調べて見たところ、
冬限定で買える野菜らしい。

わかりやすい説明があったので
下記に引用したものを記載する。

冬に出回るほうれんそうのほとんどは、トンネル栽培で生産されていますが、「ちぢみほうれんそう」は、露地栽培で生産されていることから、一般のほうれんそうよりも、うまみや甘みに優れることが特徴です。
見た目も一般的なほうれん草は葉が立っているのに対して、「ちぢみほうれんそう」は、寒気にさらされて生育するため、地面に張り付くような姿となります。
「ちぢみほうれんそう」は、季節を生かして食味にこだわったほうれんそうですので、収穫期間は12月~2月の期間限定品です。

 ちぢみほうれんそう - とちぎ農産物マーケティング協会より上記引用


ちぢみほうれん草は、自分が凍らないように、自身の身を守ろうと水分を減らして成長します。そして、水分とは逆に糖分を蓄えていくので、甘みが増すのです。その糖度は高いもので10以上。これは柑橘系のくだもの並みです。ある農家のちぢみほうれん草は、糖度が12以上もあるので、洋菓子店に出荷され、スイーツに利用されています。

肉厚で甘い!! 「寒じめちぢみほうれん草」、今が食べごろです 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)より上記引用


普段出回っているほうれん草は
ハウスで作られているものだ。

だが、冬限定で露地栽培をすることで
寒さから身を守るためにほうれん草が
危険を感じ、ぎゅっと甘みを
溜め込もうとするのだろう。

上記の記事を読むと、糖度が10度以上の
ものもあると言うのだから甘さに驚いて
「なんだこれ」と思うのも無理はないだろう。

ただいつものように茹でて
醤油と鰹節をかける、とても簡単な
ほうれん草のおひたしにしただけなのに、
あまりに甘くて美味しくて感動したので
ついブログにも書いてしまった。

この「ちぢみほうれん草」を
食べられるのは冬しかない。

近所のスーパーでは他のほうれん草と
同じ値段だったので、高級品ではないだろう。

ただおひたしにするだけで美味しく、
おそらくほうれん草嫌いの人でも
食べられるレベルに癖なく甘く、
通常のほうれん草より栄養価も高いので
ぜひ見つけたら試すことをオススメする。

 


「ネーミング・コピー」部門ブログ

ランキングでおかげ様で1位継続中!
ポチッとしていただけたら嬉しいです。
    ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 経営ブログ ネーミング・コピーライティングへ 

 

aiegc.hatenablog.com

ブログランキング参加中! にほんブログ村 経営ブログ ネーミング・コピーライティングへ
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村 経営ブログ マインドセットへ