『コラムニスト』気取りで何が悪い|あなたの宣伝部長!集客コンサルタント&セールスコピーライター|アニータ江口のブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『コラムニスト』気取りで何が悪い|あなたの宣伝部長!集客コンサルタント&セールスコピーライター|アニータ江口のブログ

某企業ページをリニューアルして反応率45.5倍にし、月間100万円の広告費で2000万円の売上を上げている人。職業柄『売上&集客UPのお役立ち情報 』や『知っ得おすすめ情報』を書くが、『愚者の心理&処世術』や『偏った趣味嗜好』を書く方が楽しい。余生は、やや毒を含む痛快コラムと戯言エッセイを書いて生活したい。

『宣伝部長』を『宣伝番長』と空目されて『番長』の語源を調べ始めた件

「あなたの宣伝部長」というのは
私が自分につけたキャッチコピーだ。

集客コンサルタント&セールスライターと
名乗っているが、企画も制作も宣伝も
するので、プロモーターだ。
結局『あなたの宣伝部長』に集約される。

そんなことをFacebookで書いたら、
「『宣伝番長』と空目した」と書かれた。

宣伝番長・・・正直悪くない。
暴言を吐き気味なので
ありかなとも思ってしまった。


*****


しかし、最近の若い子は
『番長』という言葉の意味を
知っているのだろうか。

最近まだ聞く『番長』という言葉は
『オシャレ番長』だとか
ハマの番長』だとかその辺りだ。

最近まで『番長』と呼ばれていた人は
引退したりと捕まったりと表舞台には
あまり出てこなくなったので
さらに『番長』という言葉は聞かなくなった。

だが、少なくともなんとなく
(実際はどうだかわからないが)
任侠映画に出てくる悪そうだけど
なんとなく情に厚いような
ボス的イメージくらいはあるだろう。


*****


だが、そもそも『番長』とはなんだろう。
なぜこうも、不良のようなイメージが
付きまとうのだろう。

私も学生時代、裏番みたいだと
言われたのを思い出したので
気になって調べてみた。
すると、言葉を研究している人の
面白い記事を見つけた。

下記の記事によれば、
『番長』という言葉は、
どうやら平安時代から
ある言葉らしい。

business.nikkeibp.co.jp

しかも、良いイメージだったようだ。
その頃はただの役職の名前であり、
警備のリーダーだったとのこと。

そして、不良のイメージがついたのは
戦後に入ってかららしい。

個人的に驚いたのは、
『スケバン』の語源が
『女番長』だったことだ。

数十年前、女性の不良を
スケバンと呼んだ時代がある。
制服のスカートを足首くらいまで
異常に長くして着ていたり、
殴り合いしていたような人たちだ。


スケバンの『スケ』は俗語で
女性の蔑称らしい。
元は『なお助』と言ったらしいが、
いつの間にか『すけ』だけが残った。

女を騙す『すけこまし』の『すけ』や
『スケベ』の『助平』とも同じである。

zokugo-dict.com


だから、女性を『すけ』と呼び、
『女番長』→『すけばんちょう』
→『スケバン』と変わっていった
ようなのだ。

ただどうやら、『長』であるリーダーとは
限らず、女不良集団を呼んでいたらしい。

女性の蔑称だった『すけ』を
喜び勇んで名乗りながら
「女だからってなめんなよ」だとか
言っていた『スケバン』とは何なんだろう。
きっと彼女らは語源を知らない。

私もつい先ほどまで知らなかったわけだが、
無知とは恐ろしいものである。
少なくとも『スケバン』と名乗って
「女なめんなよ」と言うのは恥るべきだ。
なめているのは自分だ。


*****


話は逸れてしまったが、
帝国陸軍などでは『当番長』と
いう役職があったらしい。
確かに、何かの担当のリーダとして
『当番長』と言われたらおかしくない。

なお、暴力団では今でもこの役職は
存在しているらしい。

軍隊=暴力だと捉えて
反射神経で狂い出す人は
未だにたくさんいるので
そういう流れもあるかもしれない。

そして、国鉄時代の新宿駅
7、8番線でたむろしていた
不良グループがいたらしく、
『番線与太』とも呼ばれていたとか。

その辺も語源になったのではないかと
先ほど紹介した記事に書かれていた。

ちなみに『与太』は素業が悪かったり、
馬鹿者という意味である『与太郎』の
『与太』だ。落語でも使われる。
『助平』にしろ『与太郎』にしろ
人物名に意味があるのは面白い。


*****


その後、実際に『番長』と
呼ばれる人は減ったものの、
漫画やらヤクザ映画などでは
『番長』の登場が増えた。
私も『スケバン刑事』ならば
聞いたことがある。
現実ではなく架空の世界で
活躍し始めたのだろう。

ただ大概の場合、完全な『悪』というよりは
ダークヒーロー的な意味合いが強い。
情に厚いため、仲間思いで面倒見も良い。
強い者とは戦うが弱い者は助けるような
ポジションだろうか。兄貴分なのだ。

不利な状況であっても絶対に仲間との
約束を守り抜いて戦うようなあたりが
非常に男らしいと言われるのだろう。

以前に映像化した『ごくせん』とか
『クローズ』だとかの世界観かもしれない。

勝手なイメージであるが、現代に置き換えると
すると『絆』や『仲間』という言葉を多用し
ウォウウォウ言ってスウェットにサンダルで
ド派手な豹柄のファーが覆ったバンを乗り回して
巨大モールやコンビニの駐車場を縦横無尽に
歩いたり地面に座りこんだりする人が
割りと『番長』を支持しそうだと感じている。
完全に私のイメージだが。

本人らはこれといった悪いことをしないので
番長にはならない。私の完全な憶測ではあるが
ただのエリートが成功するのは気に
食わないために、不良がダークヒーローとして
活躍すると嬉しいのだろう。

『番長』は一定の支持層があるがために
きっと『番長』という名もなんとなく
残っているのかもしれない。

結局、今ではあまり完全に悪い意味では
使われない。自分で『オシャレ番長』だとか
名乗る人もいるわけで、面倒見の良い
異端なリーダーみたいなイメージだろう。

私がきっと『番長』という意味合いで
『情に厚い』ということを連想するのは
このせいだなとも感じている。


*****


とはいえ、『番長』の代名詞でもあった
清原は本当に捕まってしまった。
今や不良っぽい人ではなく犯罪者だ。

薬との絆はいつ切れるのだろうか。
仲間がいなくなってしまったという
心の隙間に付け入られ、きっと
薬を始めてしまったのだろう。

『番長』という言葉のイメージが
どうなるかは、今後の清原によっては
変わってくるのかもしれない。


*****


個人的には腹立たしい限りだが
『不良が更生する話』を
好きな人は意外と多い。

だからダークヒーロー的な
『番長』が好きなのだろう。
きっと清原が復帰したら
なんだかんだ人気になるに違いない。

個人的には、普段まともなことを
していた人は当たり前かのように扱われて
たまに失敗すると吊るし上げられ、
一方不良がごく稀に良いことをすると
あたかも素晴らしい善人のように
扱われて褒めちぎられるのは
理不尽だと感じている。

そうやって一部だけに注目して
勘違いする人たちは彼らの
良いカモだ。頭がどうかしている。
きっと詐欺集団に狙われる。

当初は私も『宣伝番長』と名乗るのも
さほど悪くはないと思ったが、
意味を調べるにつれて『宣伝部長』の
ままのが良いと感じた。

少なくとも私は不良ではないし、
薬との絆もない。
私は『あなたの宣伝部長』だ。


*****


▼告知

4月16日(日)入場無料!
『好きを仕事にする見本市』
という
テーマのかさこ塾フェスタ』
出店します。

f:id:aiegc:20170315164453j:plain

4.16東京 – 好きを仕事にする見本市~かさこ塾フェスタ

▲公式ホームページはこちら。

『好き』を仕事にした、かさこ塾卒業生が
お店を出したり、ワークショップしたり、
プレゼンしたり、ライブをやったりしています。
誰でも無料で入れるので、
ぜひぜひいらっしゃってください。

なお、私は、
『集客コンサルタント

セールスライター』として
出店しています。


「もっと集客&売上アップしたい」
「なぜかこのページから申し込みがない」

とお悩みの方向けに、
いつもよりお安い価格で
(30分3000円予定)

ランディングページ(LP)・ホームページ、
メルマガ、ブログやFacebook
告知・宣伝・広告もろもろを
その場でチェックいたします。


また、自分や会社の特徴を
強みとして活かし、打ち出す
ブランディングについても相談に乗りますよ。


「ネーミング・コピー」部門ブログ

ランキングでおかげ様で1位継続中!
ポチッとしていただけたら嬉しいです。
    ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 経営ブログ ネーミング・コピーライティングへ 

aiegc.hatenablog.com

ブログランキング参加中! にほんブログ村 経営ブログ ネーミング・コピーライティングへ
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村 経営ブログ マインドセットへ