『コラムニスト』気取りで何が悪い|あなたの宣伝部長!集客コンサルタント&セールスコピーライター|アニータ江口のブログ

セールスコピーライター&集客コンサルタント|『コラムニスト』気取りで何が悪い|アニータ江口のブログ@あなたの宣伝部長!

広告制作して公開1ヶ月で5395万円受注したり、企業webページをリニューアルして反応率45.5倍にしている人。うまいこと言いたいだけの人生。内容:売上&集客UP・広告制作&宣伝の豆知識/購買意欲を高める行動心理学/文章の書き方/伝え方・見せ方/趣味嗜好/愚者の処世術・生き残り術/評論家・コラムニスト気取り

大金持ちになってもやりたい仕事が、本当に好きなことなんだと思う。〜かさこさんをほんのりご紹介〜

「好きを仕事にする」
というと
どんなイメージだろうか。

夢物語だとかキラキラ起業を
想像するかもしれないが
そういうものではない。

これを淡々と行っているのが
かさこさんという方だ。
カメラマン、ライター、
塾長など・・・色々やられている。

kasakoblog.exblog.jp



そして、「好きを仕事にする」ための
手段の1つとして、セルフブランディング
ブログ実践術などを教えているのがかさこ塾だ。

かさこ塾については、
以前レポートを書いたので
そちらを見て欲しい。

aiegc.hatenablog.com

 

なお、公式ページはこちら。

kasako.jp


「好きを仕事にする」

というと、

金にもならん夢ばかり追って
何を言っているんだと

いう人もいれば、

いわゆるキラキラブランディング
起業塾を想像する人もいるだろう。

ちなみにかさこさんはどちらでもない。
だから、塾の方向性もどちらでもない。

「好きなことを仕事にすれば、
何か大変なことがあったとしても
続けたいと頑張れるし、
結果的に続けられるし、上達する。
だからこそ、好きを仕事にするのが良い。」

というスタンスなのだと、
私は解釈している。


*****


今日2月28日は
どうやらかさこさんの
誕生日らしい。

かさこさんについて紹介する流れが
できているので便乗したいと思う。

とはいっても、私はかさこ塾を卒業しただけで
それ以降は特に深い関わりを持っていない。

しかも、先月くらいまでは毎日更新
していたブログも週1更新になっており、
劣等生のようなものでもある。

ただ、
卒業して月日が経った
今だからこそわかる、
かさこさんの凄さがある。

ご本人は自覚はないと思うが
ある意味、予言していた
ともとれることが多いのだ。

なので、塾生時代やもっと
ブログなどを頑張っていた頃ではなく、
最近の私目線で気づいたことを書きたい。


*****


最近私は、

自分が好きだと
信じていたことが

実際はさほど
好きではないことに

気づいてしまった。

確かに好きな方ではあるものの、
特技だからやっていることに
気づいてしまったのだ。

このずれが生じたことから、
正直ブログの更新が滞ったと
いうのもある。言い訳ではあるが。

書きたいことはたくさんあるのに
書きたい方向が違うということなどに
戸惑っていたのである。

薄々「本当はさほど好きではない」と
感じてはいたものの、
確信してしまったきっかけは
経済的な理由によるものだ。

まだはっきりとはわからないが
今後長期的かつ定期的に、
生活には困らない程度の収入が
入ってきそうな話の打診を受けた。
1件だけではない。何件もだ。

それがわかった途端、
今までやってきた仕事や、
今やっている仕事に対し、
それでもなお、やりたい仕事なのか
自問してしまったのだ。

フリーの収入には波がある。
今私は業務委託もやめており、
固定契約もない。専属ライターも
アルバイトもパートも何もしていない。
完全なるフリーライターだ。

なので、仕事を依頼されると
そのまま収入に直結するので
本当にありがたく、とても嬉しい。

しかし、いざ、固定で
ある程度の金額が定期的に
入ってくるという予想がついた途端
「今後はやりたくない・・・」とか
「きっともう受けないだろうな」という
気持ちが湧いてしまったのだ。

確かに好きな仕事はある。
もし私が大金持ちになったとしても
やりたい仕事はある。

しかし、きっと生活に困らないほどの
お金があれば、やらない仕事は
たくさんあるだろう。

私は、仕事を依頼されると
自分を指名していただけたという
喜びも勿論あるが、お金をいただけると
いう喜びもかなりある。

だからこそ、その辺がごちゃ混ぜになり
よほどおかしな仕事ではない限りは
「やります!」と引き受けていたのかも
しれないと気づいたのだ。
そう、生活費のために。


*****


この感覚、どこかで似たような・・・と
ふと考えたところ、思い出した。
かさこ塾だ。
かさこ塾第一回で
やったワークで
すでに体験済だった。


どんな質問だったか忘れてしまったが、確か
「1億円もらったら
 何がしたいですか?」

とかそんな質問をされた。

1億円だったかは覚えていないが、
割と大きな金額だったと思う。

特に誰かに見せるわけでもなく、
自分が持ってきた紙に書くのだ。

その時私が書いたことを思い出してみると
今やっている仕事そのものではなかった。

重なっている部分もあるが、
全く同じというものはなかった。

そう、すでにそこで答えは出ていたのだ。

もし大金を得たとしても
「やりたい」と思えることが、
本当に好きなことなんだと。

しかし、私は
得意なことの中で

「これは私の
好きなことだから」と

自分に言い聞かせて
やってきたことが

多々あったのだ。

自分がやりたくないことでも、
「喜ばれるから」と自分に
言い聞かせてやっていた。

お金をいただけるという喜びを
仕事そのものへの喜びだと勘違い
してしまっていたこともある。

だとしたら、もっとその仕事が
好きな人にお譲りしたいし、
そういう人こそがやるべきだと思う。

そして、たとえ今は経験が浅くても
何か「○○したい」という信念があり
本当にその仕事を好きと思える
人がずっと続けていくものだ。

かさこ塾では、自分の『好き』なことを
思い出す人、見つける人、
封じ込めていたものを取り出す人が
たくさんいる。

実際、本来は違うことを仕事にしようと考え、
ヒントをもらいに入塾したものの
結果的に本当に好きなことを思い出し、
それを仕事にしている人は多々いる。

多分私はその一部だ。
今やっている仕事は好きだ。
しかし、その中でも
好きではない仕事内容は
正直ある。だから最近は
断るようにもしている。


できるからやってしまっていたが
本当はやりたくない仕事が多いと
いうことに気づいてしまった。

なので、
かさこ塾では
「好き」なことに
気づくだけでなく、

「好き」だと自分に
言い聞かせているだけで

本当は好きでないことを
気づかせる塾でも
ある
と今になって思う。


*****


そういえば、かさこさんに
かさこ塾後の個別相談時に
言われたことを思い出した。

「今のセールスライターのお仕事も
 お好きだと思いますが、
 趣味だとおっしゃる、
 好きなことを書くコラムとか
 絵とか写真とかそういうのを
 出していく機会を増やして
 いくのも良いのでは
 ないでしょうか。」
と。

そうだ、すでにそこで
言われていたのだ。

特にこうしろと言われたわけではないが、
今の仕事も好きだが、本当はこういうことも
していきたいという私に対し、
アドバイスをくださったのだ。

そして、かさこ塾フェスタに
好きな内容で出店するのを
すすめられていたのだ。
それこそ、趣味のものを
出品するのも良いのでは?と。

結局私は、何で出店するのか
締め切りギリギリまで
決めかねて結局今やっている
集客コンサルタント&セールス
ライターとしての仕事で出すことにした。
(今度きちんと告知するが詳細は下記)

4.16東京 – 好きを仕事にする見本市~かさこ塾フェスタ

http://www.kasako.com/2017tokyokasakofes.pdf


そして、結局、かさこ塾最後の
自由テーマのプレゼンでも、
今の仕事に対する宣伝で終えた。

反応は割と良かった。
プレゼンも実は得意な方なんだと
気づかせてもらえた。

しかし、もやもやしていた。
「私はなぜこの塾に入ったんだっけ?」と。

きっと私は慣れている、
おそらく失敗しないであろうものに
逃げてしまったのだろう。

そしてまた、無料で配布予定の
セルフマガジンを作成しているのだが
現段階では、今の仕事に関する内容に
なっている。(集客コンサルタント
セールスライターとして)

しかし、ここでまた
もやもやしている。

確かに、私は集客コンサルタント
セールスライターの仕事は
好きだし、やりがいもある。
それなりの実績もあるので
それ相応のものは作れる。

しかし、これは特技であって、
趣味とは言い切れない。

今回、長期的かつ定期的に
生活に困らないほどの
収入が得られると仮定し、
「○○の仕事をやりたいか?」と
都度現実的に考えてみたら、
きっと私はやらないだろうなと
いう仕事が多かった。

つまり、ほとんどが
ライフワークではなく
ライスワークに近いと
気づいてしまったのだ。

そして、完全なるフリーとして
何十年もこれら全てを続けようという
ほどの気概はなくなってしまい、
イメージもできなくなった。

なので、好きではあるが、
様々な反対を押し切り、
全てを投げ打ってまで
フリーになってから関わっている全て
やりたいというほどの信念もない。

とはいえ、今の仕事も好きだ。
全てを投げ打つ人に比べたら
まだまだだが、思い入れはある。

それにライスワークは生活の基盤だ。
だからこそ、安定させていく必要がある。

それゆえ、今後私は、フリーにこだわらず、
この仕事をしていくつもりだ。
会社員でも業務委託でも固定契約でも
形態は問わない。

それらが安定しているとは言えないが、
自分から頻繁に異業種交流会などに行って
営業しなくても仕事があるということに
関しては安定している。

基盤にするからこそ、さらに質を高め、
ぶれないようにしていきたい。


*****


今後の方針としては、
特にお金にはならないとは
思うが自分の趣味や好きなことを
行う時間を増やしていきたいと思う。

そもそも、
趣味はお金のために
やることではない。
あくまで『楽しみ』だ。

それで何か発信などをしていた
ことによって、何かしらつながり、
何かしら仕事になったらラッキー
程度のものだ。

はなから
お金目当てでは
趣味ではい。


心のどこかで「お金にならなさそうなことは
やってはいけない、意味がないことだ、
時間の無駄だ、どうせならお金になりそうな
好きなことをして仕事にするべきだ」という
ジャッジを自分にしていたのだろう。

ライスワークとして、
特技である集客コンサルタント
セールスライターの仕事の中で
好きかつやりたい内容を選びながら行い、

ライフワークかつ趣味として、
ふざけた内容や持論を展開した
コラムを書くなど、自由に発信して
いけたらなとも考えている。


*****


このような考えにまとまって、
ああやっぱりな、かさこさんが
「好きを仕事にする」といっていたのって
結局こういう風になるんだなという感覚だ。
(私の解釈がかなり入っているが)

これといって、
「ライフワーク(好きなこと)で
起業をしなさい!」とすすめる方でもないし、
そういう起業塾ではない。
フリーになるべきだというのもない。

ただ、『食う』ための
ライスワークではなく、
『好き』なライフワークを徐々に
増やしていけたらいいよねって
いうスタンスだ。

私の中のライスワークはライフワークに
かなり近い。そもそもライフワークだと
思っていたものなのだから当然だ。

だからライスワークから、
ライフワークを見つけ出すかもしれない。
そんな気もしないでもない。


*****


そんなこんなで、
かさこさんの凄さを
書こうと思ったのに、
ただの私の見解や
方針発表になってしまったことを
お許しいただきたい。


・好きなこと
・得意なこと

・ライスワーク
・ライフワーク
境界線はあやふやだ。

ましてや、
やりがいだとか
他人からの評価、
金銭面がからんでくると
さらにややこしくなる。

ただ、今思うのは、

今後、お金に困らない
暮らしを
保証されたとしても
それをやりたいかどうかが
『好き』かどうかの
判断基準になると感じる。

そして、例えば、
明日死ぬとわかったとして

限られた中で何をしたいのか
ということ。

この辺の話も
かさこさんはよくしている。

ご本人も入院で寝たきりの状態になった
経験があり、痛感しているからこそ、
伝えてくれているのだと思う。

・好きなことであれば続けられる
 (逆を言えば、好きでなければ続かない)

・好きなことを仕事にすると続けるので
 結果的に上達したり、成果が出て良い

このように考えるきっかけをくださった、
かさこさんには感謝している。


そして、書いている間に
3月1日になってしまった。
かさこさん、お誕生日おめでとうございました。



「ネーミング・コピー」部門ブログ

ランキングでおかげ様で1位継続中!
ポチッとしていただけたら嬉しいです。
    ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 経営ブログ ネーミング・コピーライティングへ 

aiegc.hatenablog.com

ブログランキング参加中! にほんブログ村 経営ブログ ネーミング・コピーライティングへ
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村 経営ブログ マインドセットへ