『コラムニスト』気取りで何が悪い|あなたの宣伝部長!集客コンサルタント&セールスコピーライター|アニータ江口のブログ

集客コンサル&セールスコピーライター&ディレクター|『コラムニスト』気取りで何が悪い|アニータ江口のブログ@あなたの宣伝部長!

広告制作して公開1ヶ月で5395万円受注したり、企業webページをリニューアルして反応率45.5倍にしている人。内容:売上&集客UP・広告制作&宣伝の豆知識/購買意欲を高める行動心理学/文章の書き方/伝え方・見せ方/趣味嗜好/愚者の処世術

申込み&問い合わせがないホームページ・チラシの共通点とは?

f:id:aiegc:20161108234516j:plain


「なぜかチラシから全然申込みがないんです・・・」

「キレイなホームページって言われるのですが
 何がいけないのでしょうか?」

そのようにおっしゃって、
ホームページやチラシ、ランディングページを
見せに来てくださる方がいます。

そのように、
申込みや問い合わせがないという
ホームページ・チラシ・ランディングページなどを
拝見すると、決まって共通点があるのですが・・・

店名・商品名が
1番大きく目立っている


という点です。

例えば、お店の場合、

「アニータレストラン」

「江口接骨院

これらの店名を見て、
「行きたい!」って思いますか?
思わないですよね。

「ふーん。そういう店があるんだ」

としか思わないでしょうし、

「自分には関係なさそうだわ・・・」

と一瞬思われて、
チラシであれば速攻ゴミ箱行きです。


また、商品名でも同じですね。

「プレミアムコース」

「特製エステプラン」

などを見ても
「欲しい!」とは思わないでしょう。

原因は・・・
自分にとって何が得なのか
どのようなメリットがあるのか
全く書いていないからです。

以前にもお伝えしたこの記事ですね。

 

aiegc.hatenablog.com

とある伊勢志摩にあったホテルのレストランで
「ABCホテルのプレミアムコース」
という名前で販売していたことがあるんですよ。

何がどのように
プレミアムなのかわからない
ですし、
数万円のお高いコース料理でしたので
特別惹かれるものもなく、頼む気にもならないのです。

そこで、スペシャルコースでは
何が出てくるのかお聞きしたところ、
伊勢志摩のブランド食材
「伊勢海老・松坂牛・アワビ」
全て出てくるというものでした。

これを聞けば、このコースだけでブランド食材を
全部食べられるというメリットがありますし、
確かに高くても納得できます。

それに、伊勢海老や松坂牛、アワビを
食べたいという方は「頼みたい!」と思うわけです。

ですが、の「ABCホテルのプレミアムコース」では
全くそのプレミアム感が伝わりませんし、
そもそも「伊勢海老・松坂牛・アワビ」が出るとは
わからないので申し込む気にならないのです。

それに、どういうものに「プレミアム」だと感じるかは
人それぞれですので、事実でアピールする必要があるわけです。

意外とこの件のように、
申し込みが全然ない
ホームページやチラシでは

店名や商品名を
大々的にアピールして

1番目立っているケースが多々
あります。

すでに、店名や商品名が
誰もが知っているメーカーや
ブランド化しているのであれば
大きく出しても効果はあるでしょう。

ですが・・・
さほど知られていない
店名や商品名を
目立つようにアピールしても

「何それ?」
「で?私に何か得あるの?」
になっておしまいです。


そのため、
申し込みを増やしたければ、

お客様目線になり、
お客様が得することやメリット、
知りたいこと、喜ぶことなどを目立つように書き、

「これを買ったら
どんな風に良くなるか?」


「これに申し込んだら
どんな得があるのか?」

ということを店名や商品名よりも
目立たせるのがおすすめです。

 


「ネーミング・コピー」部門ブログ

ランキングでおかげ様で1位継続中!
ポチッとしていただけたら嬉しいです。
    ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 経営ブログ ネーミング・コピーライティングへ 

aiegc.hatenablog.com

ブログランキング参加中! にほんブログ村 経営ブログ ネーミング・コピーライティングへ
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村 経営ブログ マインドセットへ