『コラムニスト』気取りで何が悪い|あなたの宣伝部長!集客コンサルタント&セールスコピーライター|アニータ江口のブログ

セールスコピーライター&集客コンサルタント|『コラムニスト』気取りで何が悪い|アニータ江口のブログ@あなたの宣伝部長!

うまいこと言いたいだけの人生。広告制作して公開1ヶ月で顧客に5395万円受注をもたらしたり、企業webページをリニューアルして反応率45.5倍にしている人。内容:広告制作&宣伝・売上&集客UPの豆知識/購買意欲を高める行動心理学/書き方・伝え方・見せ方/趣味嗜好/イラっとした時の対処法/評論・コラム

5分で書いたキャッチコピーでバカ売れすることもあるのだから、昼まで寝ていて5分しか働かなくても全くダメ人間ではない。

f:id:aiegc:20160805004326j:plain


たまに昼の12時に起きると物凄く自分がダメ人間に感じる。

ああ・・・午前を無駄にしてしまったなと。

 

しかし、よく考えてみれば、昨日の昼から朝5時まで

ずっと仕事をしており、ただ7時間睡眠をしただけだと

考えると、さほどおかしなことではない。

それにぶっつづけでやっていたわけで、かなり集中していた。

何もおかしいことではない。

 

そう。おかしいのは私の口座残高だけだ。

様々な捉え方ができるので想像にお任せするが、

おかしいのは私の口座残高だけだ。

大事なことなので二度言った。


「何でそれやって、それしかもらってないの?」

「集客そんなにしたならもっともらっても良かったのでは?」

と言われることも多い。

 

そして値段をつけるのが苦手だ。だからよく相場を調べてしまったり、

師匠に「私の場合だとこれが妥当ですかね?」とか聞いてしまう。

 

ありがたいことに、いつも「それじゃ安いでしょ」と

突っ込まれるのだが。自分で決めなければな・・・。

 

どうやら私はお金のマインドブロックというものがあるらしい。

「なんであいつ大した仕事していないし、

あんなにもらってやがるのだ。なんでそんなに自信があるのだ。」と

忌々しく思うのは私の性格や感覚に問題があるせいなのだろう。

最近話題にもなっている起業塾詐欺とかね。

(私が関わっている人に対して思ってはいないのでご安心を)

 

とはいえ、払っている人たちの100万円は、私の1万円のような

感覚かもしれないわけで、価値だと思えば価値なんだろう。

私にとっては無価値でも、その人が納得していれば

価値があるものだと言える。だからとやかく言えない。


私も納得出来るフィーをいただければ、

その忌々しく思うも気持ちや妬みはおさまるかもしれない。

 

だからといって、予想していた金額よりも高い金額を提示されると

ありがたいと思いつつ、どうしようとも思ってしまう。

勝手にかなりのプレッシャーに感じてしまったりね。

これも、自分にお金のマインドブロックがあるせいなのだろう。

 

高い金額を提示できる人は、自分に自信があり、

覚悟がある人だ。まともな人の場合は、絶対に成果を出すと。

 

自分は何とか今までそれなりの実績を出してきたから良いのだが、

逆に自分が予想していたよりも高いフィーを提示されると、

これだけもらってコケたらまずいとか胃が痛くなる。

今のところコケたことはないのになぜか思う悪い癖。

そういう面で、出来高制というのは平等なのかもしれない。

 

それに、例えどんなに素晴らしいライターがうまい文章を書いても、

そもそもの商品や売り方が間違っていれば売れない。

会社員時代はライター兼ディレクターをやっていて、

商品企画から関わっていたからそれも痛感した。

逆に文章が酷くても企画が良いから売れているものもあった。

コンサルから入れる場合はそこから梃入れした方が成功率が高い。

 

大切なのは、働いている時間数ではなく質。

どれだけその時間に濃い仕事ができたのかということ。

5分で書いたキャッチコピーでバカ売れするようにね。

残念ながら私の話ではないが。

「5分で1000万」とか言えたら羨ましいけど、

途端に胡散臭い情報商材の広告みたいになるな。

 

こんなことを言うと「お前の質はそんなに凄いのか」と

突っ込まれそうなので戦々恐々としているが、

考えとしてはそうだと逃げさせていただこう。

 

「頑張る=苦しむ」という人が多い気がする。

特に病気になるような肉体的精神的苦痛というもので。

時にはそうせざるを得ない場合もあるとは思うが。

 

私はモンエナm3を常飲して常に睡眠不足で

仕事をしていたイメージがあるかもしれないのが、

別に体を壊してまで仕事をしたいタイプではないし、

頑張っているアピールをしたいわけでもない。

 

平日は会社員としてライターをしているのに、

フリーライターとしても振舞って仕事を受けていれば

それは当然キャパオーバーだ。いたしかたなかったのだ。

(現在はフリーライターかつ某会社の一部ライター業務受託)

 

確かに、寝食忘れて取り組むこともある。

自分が好き好んでやっていればそれで良いと思う。

(旦那は泣いてやめてくれと懇願してくるが・・・)

 

ただし、強制された場合は本当にやる気をなくす。

共感することを当然とされると興ざめする。

必要以上に管理されることも疑問視してしまう。

そして、やる気や根気を強要された場合も不快になる。

 

私は子供の頃からガッツがあるとか努力家だと言われてきた。

正直そんなものはない。そしてそんなものはいらない。

ただ私は何かがしたいだけ、何かを達成したいだけ。

興味がないことは本当にどうでもいい。

 

だから、興味のないものや好きでないものは排除していきたい。

頭の中のゴミを排除して、もっと本質に向き合いたい。

 

さて、こんな強気なことを書いてしまったので

明日〆切の仕事に取り組もう。

そう。質がね、質が大事なんでね。

 


「ネーミング・コピー」部門ブログ

ランキングでおかげ様で1位継続中!
ポチッとしていただけたら嬉しいです。
    ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 経営ブログ ネーミング・コピーライティングへ 

aiegc.hatenablog.com

ブログランキング参加中! にほんブログ村 経営ブログ ネーミング・コピーライティングへ
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村 経営ブログ マインドセットへ