『コラムニスト』気取りで何が悪い|あなたの宣伝部長!集客コンサルタント&セールスコピーライター|アニータ江口のブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『コラムニスト』気取りで何が悪い|あなたの宣伝部長!集客コンサルタント&セールスコピーライター|アニータ江口のブログ

某企業ページをリニューアルして反応率45.5倍にし、月間100万円の広告費で2000万円の売上を上げている人。職業柄『売上&集客UPのお役立ち情報 』や『知っ得おすすめ情報』を書くが、『愚者の心理&処世術』や『偏った趣味嗜好』を書く方が楽しい。余生は、毒舌コラムと戯言エッセイを書いて生活したい。

【お役立ち】頼み力(1)「なぜ人に仕事を頼むのか?」〜出版編集プロダクション仕込み〜

f:id:aiegc:20160928161420j:plain

 

どうも。集客セールスライターのアニータ江口です。

 

今日のテーマは、「頼み力」です。

 

今回も以前、出版編集プロダクションで

学んだことです。

 

私も、頼むことは割と苦手だったり面倒になるタイプですので、

備忘録も兼ねて書かせていただきますね。

 

 

つい人に頼むとなると、

「説明するくらいなら、

自分でやった方が

速いかもしれないな・・・」

と思ってしまいますよね。

特に後輩相手の場合ですね。

 

ですが、よほど自分でやりたいことでない限りは、

どんどん手放していく必要があるんですよね。

いくらスピードアップさせても人間ですから、限度はあります。

 

では、そもそも・・・

 

1:なぜ人に仕事を頼むのか?

 

1)目標達成の2方法

 

 (1)時間を投入して自分で実行(「能率」「緊急性」のためですね)

 (2)他人に任せる(「効果」のためですね)

 

 

2)「能率」と「効果」

 

 (1)能率

    多くの人は、

    他人に仕事を頼むと時間や労力がかかりすぎているとか、

    自分自身でやった方が速いとか、

    あるいは、自分でやった方が良い成果が得られると考え、

    他の人に仕事を任せることを嫌がります。

 

 (2)効果

    他人に仕事を頼むということは、

    最も効果的かつ波及効果の大きい活動です。

    人に仕事を任せることで、自分のエネルギーや時間を

    波及効果のより大きい、他の活動に注ぐことができます。

    他人に仕事を頼むことは、人や組織の成長を促す

    最も強力な方法の一つです。

 


 

以上です。

 

自分でまとめつつも、反省することばかりです。

 

ちょうど先日、私も

気乗りしない仕事を断捨離し、

他の方にお譲りしました。

 

その仕事を好きな方や得意な方がいる場合は、

積極的に頼んだ方が良いですね。

 

その方も喜んで取り掛かってくださいますし、

クオリティも上がると思います。

 

それに自分としても、気乗りしない仕事を手放して

その分のフィーがなくなるストレスよりも、

気乗りしない仕事をする

ストレスの方が大きいですからね。 

 

明日以降も、このシリーズ「頼む力」について

書いていきたいと思います。

 

集客セールスライターと名乗りつつ、

全く集客もセールスもしない記事ですみません。

 

では。 

 

aiegc.hatenablog.com

 

▼各種フォローはこちらから

aiegc.hatenablog.com

ブログランキング参加中! にほんブログ村 経営ブログ ネーミング・コピーライティングへ
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村 経営ブログ マインドセットへ