『コラムニスト』気取りで何が悪い|あなたの宣伝部長!集客コンサルタント&セールスコピーライター|アニータ江口のブログ

セールスコピーライター&集客コンサルタント|『コラムニスト』気取りで何が悪い|アニータ江口のブログ@あなたの宣伝部長!

うまいこと言いたいだけの人生。広告制作して公開1ヶ月で顧客に5395万円受注をもたらしたり、企業webページをリニューアルして反応率45.5倍にしている人。内容:広告制作&宣伝・売上&集客UPの豆知識/購買意欲を高める行動心理学/書き方・伝え方・見せ方/趣味嗜好/イラっとした時の対処法/評論・コラム

文章をチェックする時のポイント 〜「意外」と「以外」の間違いが多くて、意外以外の言葉が見つからないほど読む気が失せる〜

どうも。集客セールスライターのアニータ江口です。

 

突然ですが・・・

ポケモンGO  不便」で検索して、

私のブログにアクセスする方が多いみたいです。

 

f:id:aiegc:20160804224157p:plain

実際、検索してみたら1ページ目の3番目に表示されました。

ポケモンGO 」の人気の高さを感じます。

 

「意外」に上の方で表示されて驚きました。

 脱線しますがその記事も貼っておきます。

aiegc.hatenablog.com

 

 で、本題に入りますが、

Facebookなどで投稿を見ていると・・・

f:id:aiegc:20160805004326j:plain

 

「意外」と「以外」を

間違えて使っている投稿を

たくさん見ます。 

 

数名ならまだわかりますが、

ものすごーくよく見るので大変気になります。

 

しかも、文章が上手い人でも

なぜか間違えていることが多いんですよね。

 

この誤用、教えてgooでも書かれているほどですね。

あまりにも誤用が多すぎて、

「もしかして私が間違えているの?」とさえ思えてきます。

 

「意外に?以外に?どちらが正しい?」

oshiete.goo.ne.jp

の質問に対してのコメントが、これ。f:id:aiegc:20160804230332p:plain

 

こういうこと書く人、個人的に・・・大大大大好きです。

大真面目に書いてふざけるのが1番好きです。

森見登美彦氏の本とかだから好きなんですよ。

 

とはいえ、わかりにくいと思うので・・・

辞書の内容を載せますね。こちら。

*****************************

【意外】い‐がい

[名・形動]考えていた状態と非常に違っていること。

また、そのさま。

「事件は―な展開を見せた」「―に背が高い」

*****************************

 

そして、

*****************************

【以外】い‐がい

  1. (1) ある範囲の外側。「自分の職務―のこと」⇔以内。
  1. (2)(他の名詞や動詞に付いて)それを除く他の物事。
  2.    「関係者―入室禁止」「食べる―に楽しみがない」

*****************************

 

まったくもって違う!!!!!

「意外」と「以外」を誤用する人が、

◯ ”意外”に多くて驚きました。

× ”以外”に多くて驚きました。

 

漢字を見て想像してみてください。

 

「意外」は、

「意」に「外」しています。

 

「好きな人」のことを

「意中の人」や「思い人」

とも言いますよね?

 

そう考えると、

「意」=「思い」となります。

 

つまり、「意外」は、

「思いの外」という意味なんですよ。

 

あまりにも多くて気になったので書き留めました。

 

気にならない人は気にならないかもしれません。

ですが、私はものすごーく気になります。

 

f:id:aiegc:20160805014635j:plain

 

特に、本やコラム、メルマガで

誤用を見ると

場合によっては

読む気が失せます。

 

私もたまにやらかしますよ?

ですが、納品するものは

一応気をつけているタイプだと思います。

 

大学時代のアルバイトで、

出版編集プロダクションにて

編集・校正の作業をすることも多かったので・・・

かなり気になるタイプの人だと思います。

webと違って、紙媒体は

やり直しがききませんからね。

なので、私を基準にしたら厄介かもしれません。

 セールスコピーライターでもありますが、

コラムライターでもあるので、気になるのかもしれません。

 

とはいえ、

セールスコピーライター仲間のさゆみさんも

おっしゃっていましたが、

売る目的の文章、

例えばランディングページなどの

広告であれば、

多少日本語がおかしくても、

許されるんですよ。

さゆみさんはここまで乱暴に言っていませんが・・・

 

▼さゆみさんの記事です。熊本近隣の方は要チェック!

linonature.hatenablog.com

 

私みたいにたとえランディングページでさえ

誤用があると読む気が失せるタイプもなかにはいますが・・・

極論言えば、

売れればいいわけですからね。

 

それに、広告においては、

日本語の使い方に過敏になるよりも、

売ることに力を入れた方が良いですよね。

広告なんて、きちんと読みませんから。

 

f:id:aiegc:20160805014828j:plain

 

 ですが、コラムやメルマガ

などの読み物系の場合、

誤用があったらアウトです。

 

いくら良いことを書いても、

「この人のレベルはこんなものか・・・」と

思われてしまう可能性があります。

誤字脱字もそうですね。

私もチェックしないとやらかすので怖いです。

 

チェックする時のポイントは、

声に出して読み上げること、ですね。

 

できれば、

他の人にも読んでもらうこと、

 

特に、

ターゲットに

あてはまる人に読んでもらう

ことが大事ですね。

 

おかしな点に気づけますし、

第三者が読んでどう感じるかは

大事ですからね。

 

では、意外に今回のブログを書くのに時間がかかって、

ブログ以外にやることが山積みのアニータ江口でした。

 

aiegc.hatenablog.com 

aiegc.hatenablog.com

ブログランキング参加中! にほんブログ村 経営ブログ ネーミング・コピーライティングへ
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村 経営ブログ マインドセットへ