『コラムニスト』気取りで何が悪い|あなたの宣伝部長!集客コンサルタント&セールスコピーライター|アニータ江口のブログ

セールスコピーライター&集客コンサルタント|『コラムニスト』気取りで何が悪い|アニータ江口のブログ@あなたの宣伝部長!

うまいこと言いたいだけの人生。広告制作して公開1ヶ月で顧客に5395万円受注をもたらしたり、企業webページをリニューアルして反応率45.5倍にしている人。内容:広告制作&宣伝・売上&集客UPの豆知識/購買意欲を高める行動心理学/書き方・伝え方・見せ方/趣味嗜好/イラっとした時の対処法/評論・コラム

専門用語と統一されない単語ばかりのページでは集客できない

どうも。

集客セールスライターのアニータ江口です。

 

以前にもお伝えしたのですが、

現在私はバイクの免許を取るべく、

教習所に通うことにしました。

 

そして、今日初日だったのですが、

集客や人に教える立場において、

反面教師的な人が多かったので、

気づきをシェアしたいと思います。

f:id:aiegc:20160724215019j:plain

  

今日は教習初日だったのですが、

素人に教えるのがうまくない人にあたりました。

 

確かに私が何も教本を読んでいなかったせいもありますが、

正直ほとんどの人が教本なんて読んでいないと思うんですよね。

少なくとも、自動車免許を持っていて、

座学や筆記試験がいらない人は。

 

で、ですね、

今日教えてくれた教官は、

専門用語を使いまくるどころか、

言い方が頻繁に変わるので、

何のことを言ってるのか

全くわからなかったのです。

 

 

 

例えば・・・

ギア付き自転車に乗ってる人はわかるかもしれないですが、

バイクにもギアみたいなのがあるんですよ。

 

そこでですね、

1個目のギアにいれるときに、

「ファーストに入れて」とか

「LOWに入れて」とか

「1速に入れて」とか

言ってくるわけです。

 

その時々に言い方が変わりますし、

素人からしたら専門用語なので・・・

一体何のことを言ってるんだと。

 

向こうとしては当たり前のことなんですよ。

確かにファーストと言われれば、

何かしらの1番目なんだとわかるんです。

 

ですが、運転中に「なんだそれ?」と思うと動きが止まり、

マニュアルだとエンストしてしまうわけなんですね。

最悪の場合、事故ってしまうわけですよ。

 

なので、

「ん?何を言っているの?」

と思わせたら終わりなんですよね。

  

 

これは、セールスコピー的に反面教師なわけです。

自分では、きっとわかるだろうくらいな専門用語でも、

わからないこともありますし、

わかってもわかるまでに時間がかかるわけです。

考えさせたら離脱してしまうわけですよ。

 

混乱したら絶対「この人の物買いたい」

「この人に頼みたい」とは思わないわけです。

 

だからですね

「いかに相手に

余計なことを考えさせないか」

ということが重要なんだなとつくづく思いました。

 

たとえ、完全なる専門用語ではなくても、

その専門用語にいたる背景や意味合いの補足は必要ですね。

 

どうしても専門用語を

使わなければならない場合は、

せめて専門用語を統一かつ補足

することによって理解されるかどうかが全く違います。

 

元々なるべく専門用語は使わないようにはしていましたが、

自分では専門用語だと思っていない言葉でも、

他業界の人からしたら全く意味がわからないものがあると

反省しました。

 

さらに、どういう意図で使っているのか

これはどういう意味なのかと伝えていく必要があると

実感しました。そして、今後気をつけようと思った次第です。

 

では。 

aiegc.hatenablog.com

ブログランキング参加中! にほんブログ村 経営ブログ ネーミング・コピーライティングへ
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村 経営ブログ マインドセットへ